若松孝二監督“秘蔵っ子”が明かした事故当夜 「上機嫌に次作の話」

2012.10.25


若松監督に別れを告げた井浦新【拡大】

 交通事故による多発性外傷で17日に急逝した映画監督、若松孝二さん(享年76)の告別式が24日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。若松作品に出演した俳優、井浦新(38)は、弔辞で監督がタクシーにはねられた12日夜、一緒にそばを食べたことを明かし、「その日、監督をタクシーに乗せて見送った背中が最後の別れになるとは…」と号泣。14分に及ぶ別れの言葉を真摯に捧げた。

 『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』に主演するなど、若松作品に多数出演した“秘蔵っ子”。「新宿で監督を囲みながらそばを食べ、いつもより楽しそうに、上機嫌に(次作の)映画の話をしてくれましたね」と切ない表情を浮かべた。

 撮影現場で突如、本番をスタートさせる生前の姿を偲び、「監督はいつも周りに準備をさせてくれません」と思いがけぬ別れに涙。「その日、監督を見送った数分後に事故に遭われ…痛かったでしょ。でも、僕は知っています。ギリギリまで監督は心を躍らせながら、笑顔で歩かれていたんですよね」と最後は嗚咽をこらえきれなかった。

 6年前、井浦が突然、電話をかけたにもかかわらず「オーディションに来い」と言ってくれた監督の優しさを振り返り、「多くの僕の人生を変えてしまうくらいの経験をさせてもらった。これからは監督が一番、大切にされていた『心』という言葉を抱きしめ、一歩、前進します」とその遺志を継ぐことを誓った。

 出棺の際は女優、寺島しのぶ(39)ら参列者600人による大拍手で監督を天国へ送った。

■関連記事
 ⇒ARATA、井浦新に“改名”したワケ
 ⇒若松孝二監督「命に別状ない」が一転して「急死」…混乱の真相
 ⇒【若松孝二】ピンク映画界の巨匠、今も名刀のごとく

 

注目情報(PR)