エッチしない夫をその気にさせる方法は

2012.11.02


長谷川華【拡大】

 風俗店「カサブランカ」グループ(http://blog.casa-b.jp/)の代表、長谷川華です。風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただく「デリヘルママの相談室」。今回は30代の人妻さんから「エッチしたがらない主人をその気にさせる方法はありませんか?」という相談です。

相談内容

 結婚して7年になる主婦です。主人(30代後半)は真面目だし家庭をすごく大切にしてくれます。ただ一つだけ不満があって、それはエッチのことです。新婚時代はほぼ毎日のようにしていたのに、今では月に1度あるかないか程度。私から誘っても、「疲れてるから」と断られてばかり。でも自分ではしてるみたいです。せめて週に一度くらい愛し合えるよう、主人をその気にさせる方法はないでしょうか?

アドバイス

 「男性の性欲は三十代あたりから減退し始め、女性は三十代からピークを迎える」と言われています。日本人の初婚年齢が28歳前後らしいので、新婚時代は旦那さんの方が積極的にエッチを求めるのに対して、女性はそれを受け入れる状態が続きます。

 ところが妊娠→出産→子育てという2〜3年の間に女性は母親へ変化します。この時期の女性は精神的にも不安定だし、とてもエッチをしたいという気分にはならないもの。いくら旦那さんが求めてきても「そんな気分じゃないから」と断るケースが多いんです。

 奥さんが求めに応じてくれない旦那さんは、溜まった性欲を何かしらの方法で解消するしかありません。大半の男性はオナニーで済ませるものですが、風俗を利用したり他の女性と関係を持つ人もいます。「妊娠中にダンナが浮気してた」なんて話を聞いたことがありませんか?

 いずれにせよ、数年間も奥さんとのセックス以外で性欲を処理してきた旦那さんに、ましてや性欲が減退し始める時期に差し掛かった相手に、いまさら「その気になって!」と言うのは酷な話かもしれません。

 そこで求められるのが《変化》なんです。どんなに美味しいカレーでも、毎日食べているうちに必ず飽きがきます(夫婦間でいう倦怠系)。新婚時代はあんなに愛し合ったのに…と言われても、妻から母になった奥さんにトキメキを感じたり、裸を見て興奮するような旦那さんは少ないはずです(慣れの問題)。

 だとしたら、今一度《妻でも母でもないオンナ》としての魅力をアピールしましょう。美容院へ行き、化粧をして身だしなみを整えるという外見の変化と、仮に出産後に太ってしまったならダイエットして体型を戻すという努力も必要です。さらにセクシーな下着を身につけてもいいでしょうし、香水をつけて迫ってみてもいいかもしれません。時には環境を変化させるために、ラブホテルへ誘ってみるのもいいでしょう。

 しかしこれらはご主人をその気にさせる方法に過ぎず、ご主人が「自分からしたい」と思わなければ、根本的な問題は解決しないと思います。人間って、追われれば逃げるのに、逃げる相手は追いたくなるものです。つまり、ご主人を誘へば誘うほど断られるだけだろうし、ご主人に「また誘われても期待に応えられない」という変なプレッシャーを与えるだけになるかもしれません。

 私からのアドバイスとしては、押してもだめなら引いてみなの精神で、今は自分の性欲を満たすことより、ご主人の気持ちをいたわることを優先してみてはどうでしょう?「あれだけ誘ってきた妻が、全然誘ってこなくなった。しかも最近すごく優しい。妻が浮気してるかも」なんて感じ始めると、何もしなくてもご主人の方から求めてくると思いますよ。

長谷川華(はせがわ・はな) 中国地方で最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。38歳。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で7年目で、現在、広島、岡山、山口、大阪でデリバリーヘルス(デリヘル)など11店舗を展開している。昨年「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版。公式ブログ http://blog.casa-b.jp/ も要チェック。

 

注目情報(PR)