元カノとヨリを戻したい!!

2013.01.11


元カノとヨリを戻したい!!【拡大】

 風俗店「カサブランカ」グループ(http://blog.casa-b.jp/)の代表、長谷川華です。風俗業界で経験してきた知識や体験を元に、皆さんの悩みにアドバイスさせていただきます。今回は、20代の男性から「別れた彼女のことが忘れらない。友達としてでもいいから仲良くなれないのか?」という相談です。

相談内容

 半年ほど付き合った彼女から、「友達以上に思えない」と言われて振られました。でも彼女のことが気になって仕事が手につきません。メールしても返事はなく、電話にも出てもらえません。せめて友達でもいいから仲良くしたいのですが、何かいい方法はないでしょうか?

アドバイス

 恋人に別れを切り出すとき、「友達以上に思えない」「これからは友達として」など、“友達”をアピールすることが良くあります。本当にそう思っている場合もあるでしょうが、大半は「他に好きな人ができた」「貴方を好きじゃない」と言いたいところを、相手を傷つけたくない、または怒らせたくないという理由で、穏便にサヨナラしたいための口実。

 特に女性から別れを切り出している場合、未練がないくらい気持ちが離れているケースが多いため、実際に友達として付き合っていける可能性は限りなくゼロに近いと思います。しかもメールの返信もなく、電話に出てもらえない状況を考えると、二度と連絡がつかないと思います。

 厳しいことを言うようですが、これから先、相談者さんが彼女を追いかけるほどに相手の気持ちが離れるばかりか、相談者さんから連絡があることを苦痛に感じるはずです。さらに事と次第によってはストーカー扱いされて警察沙汰になることだって考えられます。

 あえてアドバイスするなら、「彼女のことが好だからこそ、彼女の幸せを願って身を引く」べきではないでしょうか。そして、なぜ友達以上に思えない存在になってしまったのかを冷静に考えて、次の恋愛では同じ失敗を繰り返さないことのほうが大切だと思いますよ。

 失恋の痛手は、付き合っていた期間以上の時間をかけて傷を癒すか、次の恋が見つかるまでは消え去らないものです。何年か先、相談者さんが今回の恋愛を振り返ったときに、「辛かったけど今はいい思い出」なんて思えるような、素敵な女性と出会えることを期待しています。

長谷川華(はせがわ・はな) 西日本最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。今年で7年目の現在、広島を中心に中国地方から関西、東海地方でデリバリーヘルス(デリヘル)など16店舗を展開。昨年「ママの仕事はデリヘル嬢」(ブックマン社)を出版、アマゾンで売り上げランキング3位に。公式ブログ http://blog.casa-b.jp/ も要チェック。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!