AKB河西“手ブラヌード”で波紋!「ヤンマガ」発売延期、児童ポルノに抵触か

2013.01.11


河西智美【拡大】

 講談社は11日、12日に発売予定だった漫画雑誌「ヤングマガジン」の記事に不適切な表現があったとして、発売を21日に延期すると発表した。掲載予定だったAKB48の河西智美(21)の“手ブラヌード”の写真が問題となり、新年早々、前代未聞の発売延期に追い込まれた。

 問題の写真は、河西にとって初のソロ写真集となる『とものこと、好き?』(2月4日発売)の表紙用に撮影。上半身裸の河西のふくよかな巨乳を、背後から金髪の幼い男の子の手が覆っている。

 10日に、この写真がスポーツ紙や小紙などで事前公開されると、インターネット上を中心に「AKBでは珍しく巨乳で衝撃的だが、男の子がかわいそう」「児童ポルノを禁じた法律に抵触するのではないか」など否定的な意見の書き込みが相次ぎ炎上状態となった。

 講談社の広報室によると、社内で検討を重ねた結果、「社会通念上、読者に不快な感情を抱かせる」と判断し、写真集の表紙を差し替えることを決めたという。

 また、この写真を告知記事に使用していた「ヤングマガジン」の発売延期を決め、店頭に並ぶ寸前で取次店などから回収。事実上、発売中止に追い込まれ、連載などを引き継いだ上で、21日に発売される。

 河西が所属するホリプロでは「写真の件は10日深夜に聞いた。くわしい事情は講談社に聞いてほしい」としている。

 河西は、2006年にオーディションに合格してAKB劇場で公演デビュー。昨年の選抜総選挙では12位で選抜入りを果たすなどAKBの主要メンバーとして活躍したが、同年12月にAKBから卒業することを電撃発表し、ソロデビューシングル「まさか」をリリースしたばかり。

 ヤングマガジンは、発行部数約64万部(日本雑誌協会調べ)の青年漫画誌。巻頭カラーや「ミスマガジンコンテスト」の主催などグラビアアイドル発掘にも力を入れている。

 

注目情報(PR)