テレ東・大橋アナを襲った“脳梗塞”どう防ぐ? 生活習慣の見直し、脳ドックも

2013.01.24


療養中の大橋未歩アナ【拡大】

 テレビ東京のエース、大橋未歩アナ(34)が脳梗塞に倒れた。軽度で後遺症もないというが、当分の間、療養が必要で、再発の可能性もある。

 大橋アナは、「今まで健康診断でも血圧やコレステロールで注意を受けたこともなく、まさか自分がと驚きました」とコメント。“若年性”の脳梗塞は防ぎようがあるのか。

 大橋アナといえば、巨乳美人のルックスを生かして、深夜バラエティー番組ではHトークもいとわないざっくばらんさで人気に。世界卓球や柔道グランドスラム、五輪中継をこなすなどスポーツ畑が長い。ヤクルトの城石憲之コーチ(39)の妻として主婦業もこなす多忙な毎日だ。

 “若年性”の脳梗塞について東京共済病院脳神経外科の関要次郎部長が説明する。

 「若い人の脳梗塞には、血管が狭くなったり詰まったりするだけでなく、血管が裂ける、心臓の血管の血栓が飛ぶなど、いろいろな原因があります。ただし、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤のような遺伝的な因子は、あまり強くありません。むしろ生活習慣に起因するところが多い」

 大橋アナのように生活習慣病と無縁だったはずの人は、どう考えれば良いのか。

 「血圧の大きな変動が要因となることはあります」(関部長)

 温かい部屋から急に外へ出ると、血管や心臓に負担がかかり、血圧が上がりやすい。ありがちなのは、ゆっくり風呂に入った後に、暖房器具のない寒い脱衣所に出たとき。そこで急激な血圧上昇に見舞われ、倒れてしまうことは珍しくないそうだ。加えて、働き盛りの人は、ストレスや睡眠不足などでも血圧は上がりやすいという。

 「血圧が急上昇しても、血管異常がなければ脳梗塞にはなりません。特に若い方が発症するのは珍しいともいえます。むやみに怖がる必要はありませんが、生活習慣に無頓着な人は注意すべきです。メタボな人、塩辛い食事を好む人など、高血圧のリスクを抱えた人は、冬場に脳梗塞だけでなく心筋梗塞も起こしやすい」(関部長)

 寒暖差の血圧上昇は、脳だけでなく心臓の血管にも、血栓を生じやすくするのだ。

 現在、脳梗塞の治療法は進歩し、早期の段階で適切に薬の投与が行われることで、多くの人が助かるようになった。

 32歳のときに小脳梗塞で入院したMr.Childrenの櫻井和寿(42)、37歳で脳梗塞になったプロレスラーの高山善広(46)らも復帰を果たしている。

 一方、2003年に脳梗塞で倒れた歌手の西城秀樹(57)は、11年に再発。現在はリハビリによる回復が目覚ましいが、早期発見がなにより大切だ。それが難しい。

 「数分程度で手足のしびれなどの症状が治まる一過性脳虚血発作は、脳梗塞の前触れと言われていますが、実際は数%程度の人にしか現れません。多くの患者さんは、何の痛みや前触れを感じることなく、脳梗塞を発症しているのです。前触れがないだけに、30代後半も含め、中高年の方は生活習慣の見直しを心掛けていただきたいと思います」(関部長)

 体調が悪いときには、大橋アナのように、まず医療機関を受診すること。そして、健康を過信せずに、規則正しい食生活やバランスの良い食事、適度な運動、睡眠時間など生活習慣の見直しが肝心だという。

 「脳ドックは50代を過ぎたら定期的に活用してみてください」と関部長はアドバイスする。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!