“ポカリ娘”後藤理沙、大胆濡れ場! 小向美奈子を超えられるか

2013.04.19


Hな「くのいち」を演じることが分かった後藤理沙。小向美奈子を超えられるか【拡大】

 ポカリスエットのCM美少女としてデビュー当時注目を集めた女優の後藤理沙(26)にAV出演の噂が浮上している。その真相は? お色気路線でアイドル出身のAV女優、小向美奈子(27)に追いつき、追い越すことができるか。

 「来週発売の週刊誌で後藤理沙の衝撃的な記事が出る」

 そんな噂が芸能界を駆け巡ったのが数日前。一部では「AVデビュー」とも報じられたが、実際はどうなのか。

 後藤の所属事務所に問い合わせると、「AVじゃないです」と噂を否定した上で、新たな出演作について説明した。

 「『くのいち』というタイトルのDVDシネマで、あるメーカーの新レーベルから6月末に発売されます。中身は時代劇の忍法帖で、濡れ場やヌードもありますが、どこからAVって話になっちゃったんでしょう?」

 AVではないものの、関係者によると、男女のカラミは相当濃厚で、かなりの露出は期待できそうだ。

 福岡県から上京し、14歳でグラビアデビューした後藤の半生は波瀾万丈だ。1999年にはポカリスエットCMで清純な魅力を開花させたものの一時引退。女優復帰後は、結婚・離婚を経験し、脂肪吸引や豊胸の美容整形を告白した。昨年はヘアヌード写真集で成熟した体を披露した。

 アイドル時代の後藤を取材したライターの永瀬白虎氏が、当時を振り返り語る。

 「大ブレイク中だった広末涼子と同じラインで、大手事務所が業務提携で推していたコです。地方出身で、すべての価値観がツッパリでカッコいい。黙っていれば顔立ちがイイんだけど、しゃべると蓮っ葉な部分がモロに出てしまう、ある意味、素朴な少女でした」

 そんなコが濃厚な濡れ場を演じるとなると、ギャップに歓喜するファンも続出しそうだが、小向を超えることはできるか。白虎氏が続ける。

 「小向は潜在的にグラドル時代のファン、つまり小向をオカズに時代を過ごした少年が多かった。一方、後藤のアイドル期は“キレイキレイ”な売り方で、顔が命の美少女路線。話題にはなると思いますが…。ヒットを狙うなら半端なことはしないこと。よりハードにすべてをさらけ出してほしい」

 さて、どこまで見せてくれるか。

■関連記事
 ⇒小向美奈子“妖艶スライム乳”全開!ヘアヌード写真集で鮮烈ショット

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!