次に処分されるのは、おまえじゃ

2013.05.09


竹原慎二【拡大】

■質問

 私は毎月、妻から小遣いをもらっています。その額、たったの5千円。それでも文句を言わず、その5千円を貯めて趣味のカードゲームなどを買っていました。ところがある日、カードがすべて部屋から消えました。

 妻に問いただしたところ、捨てたのか売ったのかは知りませんが、処分したとのこと。「あんな幼稚なものさっさと卒業しろ」的なことを言っていたようですが、ショックでまるで頭に入りませんでした。

 それからというもの、何をするにもやる気が起きません。残業やら休日出勤やら、私が汗水たらしてやっと得た金です。カードを買おうが何をしようが、勝手だと思いませんか。妻が服や靴を買い漁っているのを見るたびに、ストレスでどうにかなりそうです。ソフト開発Kさん(31歳)

■回答

 おまえが稼いだ金は、おまえひとりの金じゃないんじゃ、ボケ。家族が生きていくための金じゃ。ダンナのおまえにその自覚がないから、くだらんモノに金が消えんよう、奥さんが必死に守っとるんだろうが。

 だいたい、小遣いが足りんだのオモチャを捨てられただの、ガキがオカンに言う文句じゃ。おまえには、夫としての責任感がなさすぎる。そんなおまえに、どうにかなりそうなのは奥さんのほうじゃ。いきなりカードを処分したり、服や靴を買いあさったり、極端な行動に走るのは、お前の稼ぎが悪すぎる故のストレスが原因かもしれん。三十すぎて、そんなことにも思い至らんおまえはクソじゃ。次に奥さんがキレた時どんな目にあうか、せいぜい気をつけとけや。

■竹原慎二(たけはら・しんじ) 1972年1月25日広島県出身。89年プロデビュー。2年後日本ミドル級王座を獲得。4度防衛。93年、OPBFミドル級王座を獲得。OPBFの王座6度防衛。95年に日本人初のWBA世界ミドル級王座獲得。引退後はテレビ番組「ガチンコ!」の企画「ガチンコ!ファイトクラブ」のコーチとして一躍脚光を浴びる。現在は、タレント、フィットネスジムの経営者、通信販売会社の商品開発プロデューサーなど、多方面で活躍。code−G(http://code-g.jp/bokoboko/)でも連載中。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!