デビュー10周年・川嶋あいの原点「いつか路上のエネルギーを…」

★大人のエンタメ

2013.05.14


川嶋あい【拡大】

 シンガー・ソングライターの川嶋あい(27)がデビュー10周年を迎えた。4月に約2年ぶりのシングル「YES/NO」をリリースし、6月には3年ぶりの完全オリジナルアルバム「One song」のリリースを控えるが、メモリアルイヤーにも本人は「意外と変わっていない」と振り返る。

 記者が最初に取材したのは8年前。自らの生い立ちをつづった自伝的告白本『最後の告白』のキャンペーンだった。まだ19歳だった川嶋に「20歳になったらお酒を飲みたい?」などと尋ねた記憶がある。以来、新曲リリースやライブがあるたび律儀に訪ねてくれる。

 節目のニューシングルは、ピュアな世界観を明るく描く川嶋らしい曲。「10年がたって最初のページに戻った気がします」と笑顔を見せる。

 2003年2月、ユニット「I WiSH」のボーカルaiとして、「明日への扉」でデビュー。フジテレビ系バラエティー番組「あいのり」のテーマ曲に採用されてブレークした。ソロ転向後も「旅立ちの日に」が全国の学校の卒業ソングに採用されるなど、同世代からの熱い支持を集めている。

 川嶋といえばストリート。02年から3年かけて1000回の路上ライブを行い、「路上の天使」と呼ばれた。「あのときは、周りにストリートミュージシャンなんていなかったんですよ」と言う。そして今、全国各地の駅前で若者を見ると、「あのころの自分を思い出します」。

 昨年6月、思い切って都内で路上ライブを敢行した。平日の昼間で混乱はなく、「いつもと変わらず演奏できて、感慨深かった」としみじみ。

 ストリート上がりのミュージシャンが増える中、「いつかは路上のエネルギーを結集させたい」と意気込んでいる。 (格清政典)

■関連記事
 ⇒【川嶋あい】あいの贈り物 「偽善と言われてもいい」社会貢献続け

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!