カンヌに吹き荒れる壇蜜旋風! 世界のバイヤーが注目

2013.05.20


日本一エッチなお姉さんになるというその言行一致は、いささかもブレていません【拡大】

 フランス・カンヌで開催中の第66回カンヌ国際映画祭は、最高賞パルムドールを目指すコンペティション部門のノミネート作品が相次いで上映されている。一方、カンヌが誇る世界最大規模のフィルムマーケットは今年で30年を迎え、世界中のバイヤーが熱い商戦バトルを繰り広げる中、“日本一エッチなお姉さん”壇蜜(32)主演の映画が世界各国のバイヤーから注目を集めている。

 松竹のブースでは、小津安二郎監督の「東京物語」と「秋刀魚の味」のポスターが飾られ、若き日の原節子や岩下志麻の姿にバイヤーが足を止めている。

 が、それ以上にバイヤーたちの目をくぎ付けにしているのが、角川映画のブースに貼られている壇蜜主演の「甘い鞭」(石井隆監督、9月21日公開)のポスターだ。

 香港や韓国などアジア各国のブースにも、セクシー女優が主演する作品のポスターが貼られてバイヤーの注目を引こうとしているが、角川のブースでは「甘い鞭」の映像が流され、石井監督演出による濃厚でディープな官能美に、「アジアはもちろん、ヨーロッパからも引き合いがきている」と関係者。同じ角川映画のブースでは、グラビアアイドルの佐々木心音(22)がフルヌードの熱演を見せる同じ石井監督の「フィギュアなあなた」(6月15日公開)もセールスされ、さっそく韓国と香港に売れる好調ぶりだ。

 ブースには、昨年セールスされて香港と韓国ではすでに公開された「私の奴隷になりなさい」の作品資料も置かれている。「『甘い鞭』と『私の奴隷になりなさい』では、壇蜜の役柄が違うので食いつく人も違う。できれば『甘い鞭』は海外の映画祭に出したい」(関係者)と、カンヌでのバイヤー向け上映は控えているが、それでも問い合わせがひっきりなしという。

 壇蜜様がセクシースタイルでカンヌのレッドカーペットに現れる日も近いかもしれない。(カンヌ=小張アキコ)

■関連記事
 ⇒壇蜜、穴開きパンティーで腰クネクネ「これ以上だと見えちゃう…」
 ⇒壇蜜がSM遍歴を告白…40代の彼氏と“剃毛プレー”
 ⇒壇蜜「2回交尾しました」エロスの女王はスゴ過ぎ


 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!