川越達也シェフ“年収”発言に批判の嵐! 謝罪で騒動収まるか

2013.06.18


ブログやテレビで謝罪に追われた川越シェフ【拡大】

 政治家や官僚によるブログやツイッターが炎上する事態が相次いでいるが、テレビ番組でも活躍するイケメン人気シェフ、川越達也氏(40)も渦中の人だ。経営する料理店への批判に過激な言葉で反論し、ブログが炎上する騒ぎに発展していたが、17日に公式ブログなどで謝罪、釈明した。果たしてこの対応は適切なのか。

 騒ぎの発端は5月19日に公開されたウェブ雑誌でのインタビューだ。東京・代官山で経営するイタリア料理店「タツヤ・カワゴエ」が、飲食店評価サイトで「注文していないのに水代として800円取られた」などと批判されたことに反論。「くだらない。人を年収で判断してはいけませんが、年収300万−400万円の人が高級店の批判を書き込むこともある」と持論を展開した。

 この発言をめぐり、ネット上では川越氏に対して「低所得者は店に来るなということか」「差別」「上から目線過ぎる」と批判の書き込みが集中。騒動を沈静化させようとした川越氏は、ブログで「年収300〜400というのは、一般的なお客様を表現したということであって、バカにしたというような意味合いでは全くございません」などと釈明した。17日にはフジテレビ系情報番組「とくダネ!」にも出演し、「ボクが生意気でした」と頭を下げた。

 川越氏の対応について、広報PR・危機対応コンサルタントの山見博康氏は「お客さまからいただく利益だけが事業を存続させる唯一の財源、という大前提を忘れている。最初の発言内容が客に対する意識のすべて。騒動になった後の謝罪、釈明は言い訳にすぎない」と指摘した。基本姿勢に問題があるから騒動になる、ということか。

■関連記事
 ⇒あとを絶たない政治家や官僚によるバカな書き込み 炎上の共通点とは
 ⇒乙武氏入店拒否 バリアフリーの本音と建前

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!