“あげまん”里田まいに称賛の声 新記録の夫・マー君を食事でバックアップ

2013.08.17


田中の新記録達成で里田の評価もうなぎ上り【拡大】

 楽天・田中将大投手(24)の21連勝達成で妻のタレント、里田まい(29)の内助の功ぶりに称賛の声が上がっている。資格を取得するほど料理に力を入れ、栄養バランスを考えた食事でピッチングを支えてきた。交際発覚当初、タレント仲間から「マー君が20勝したら“あげまん”だよ」と冷やかされたが、見事に、やってのけた。

 「料理をちゃんとするようになったのは25歳過ぎ」という里田。ブログで紹介した「油を使わないのでヘルシー」というカツなどには、夫への気遣いがうかがえる。「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格を取得するなど、食事管理に精通。田中は疲労回復に効果があるグレープフルーツを食するようになり、球団が本拠地や遠征先のケータリングで採用するほど、里田効果は広がっている。

 今月10日付のブログには「チンジャオロースー」「野菜とお豆のサラダ」「玄米+白米」など8品目におよぶ、ボリュームたっぷりながら栄養面が考慮された夕食を披露した。楽天のユニホームに身を包んで、スタンドで試合観戦した写真も掲載。「気持ちを込めて応援し、闘っているのは家族だけじゃない。きっとファンの皆さんも同じ」と食事面だけでなく、プレーに対する応援も欠かさない。

 里田と田中が結婚したのは2012年3月で、交際は10年11月に発覚した。発覚の直後、里田は日本テレビ系の情報・バラエティー番組にゲスト出演。司会の中山秀征(46)から「来季、マー君が20勝したら“あげまん”だよ」と冷やかされ、照れる場面があった。実際、田中は11年シーズンに19勝(5敗)で最多勝、最優秀防御率の2冠に輝いた。さらに今回の新記録達成で、里田の評価も揺るぎないものになった。

 田中は今オフのメジャー移籍を目指している。里田は慣れない土地で食材を調達しながら、これまで通り夫を支えられるか。新たな課題も待ち受けている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!