小日向文世に直撃!「キャラを創らず台本に忠実に」 ドラマ「DOCTORS2」

2013.08.29


ドラマ終盤を盛り上げる小日向(撮影・永瀬白虎)【拡大】

 俳優、沢村一樹(46)がスーパー外科医・相良浩介を演じるテレビ朝日系主演ドラマ「DOCTORS2 最強の名医」(木曜午後9時)も最終回まであと2話。今後のキーマンとなりそうなのが西都大学病院医学部部長・松田義雄を演じる小日向文世(こひなた・ふみよ、59)だ。日本屈指の演技派はドラマをどう盛り上げていくのか、意気込みを直撃した。

 第5話からの登場。相良のライバル、森山卓を演じる高嶋政伸(46)ら強烈なキャラクターが勢ぞろいするドラマの中でも存在感は際立っている。

 「素晴らしい医者の役をやらせてもらって光栄ですよ。みんなそれぞれの役回りがあるから、あえてキャラを創ったりはしないんです。基本的には台本に書かれていることを自分なりにイメージして忠実にやろうと思っているだけです」

 どの作品でどんな役を演じても個性的に見えるが、「役者は演出家から『この色になってくれ』と言われたとおりの色になるのが必要」と、役者の基本を強調するとは意外。「ラッキーなことに両極端の色々な役がくるので面白がってやれてます。あまり一つの色には染まりたくなかったから」。名うての個性派の役作りは、基本的なスタイルだった。

 俳優生活も36年目。所属していた自由劇場が解散したのは42歳のとき。「貯金もなし」という状況だったが悲観的ではなかったという。

 「19年も舞台やってたんだから、なんとかなるだろう、って。映像の仕事がすぐにあると思ってワクワクしてました」

 ところが、仕事は全くなかった。「そのころちょうど子供も生まれて。おかげ様で子供と過ごす時間が増えました」と笑いながら振り返る。

 その子供たちも高校3年と中学3年に。父も今や屈指の売れっ子。役柄同様、良き父親のイメージが強いが、「最近、悪い役が多いんですよ。本当は温かい家庭ののんきなお父さんを肩の力抜いてやりたい」という。

 「でも(年齢的に)そろそろおじいちゃん役なんです。最近、髪の毛が減ってきていじりようがなくて、何やっても同じに見えるんだよなぁ…」

 主演の沢村とはプライベートで飲みに行くこともあるという。

 「酒の席ではあまり芝居の話はしませんね。あ、でも、今は彼はあまり飲みに行けないんじゃないのかな、いろいろあったから、アハハハッ」

 視聴率も好調で撮影現場も和気あいあいの雰囲気。終盤戦をより楽しく盛り上げてくれそうだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!