小林幸子、紅白復帰へ奇策! “ラスボス幸子”でネット世代にアピール

2013.09.30


小林幸子【拡大】

 紅白への復帰がなるかどうか、小林幸子(59)が正念場を迎えている。1963年にデビューした小林は50周年の今年を華の紅白で締めくくれるか、新たなファン層が後押ししそうだ。

 昨年はお家騒動もあり、連続33回出場を続けていた紅白に落選。今年は巻き返しを狙い、6月に発売した「蛍前線」をひっさげ全国各地をまわっている。登場の場は広がり、今月16日には吉本新喜劇座長の小籔千豊(40)が主宰する「コヤブソニック2013」にもサプライズ出演した。

 活動の場はインターネットにも広がっている。実は、ネットユーザーに小林は急速に人気を広げている。「紅白の巨大衣装の連想から付けられたあだ名は“ラスボス”。小林は今年、ニコニコ動画と関係を深めていて、ニコ動ユーザーにはすっかりおなじみ」(ITジャーナリスト)

 4月には「ニコニコ超会議」で歌を披露したかと思えば、ヒャダインが作詞作曲した「ぼくとわたしとニコニコ動画」を三味線や尺八などで和風の夏バージョンにアレンジした動画を投稿。再生回数が100万回を突破する大人気ぶりだ。

 「紅白の視聴率を押し上げるには、最も視聴者層と縁遠いネット世代にアピールしたい。ニコ動ユーザーに強いラスボス幸子がメガ衣装で登場すれば視聴率アップにつながるとNHK側が判断する可能性は決して低くない」(テレビ誌編集)

 小林の奇策は功を奏すか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!