朝ドラ「ごちそうさん」好発進のワケ 視聴率20%以上キープ! (1/2ページ)

2013.10.10

 女優でモデルの杏(27)が主演するNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(月曜〜金曜午前8時)が好調だ。9月30日の放送開始以来、一度も視聴率20%を割り込まない健闘ぶり。好発進のワケは?

 社会現象ともなった前作「あまちゃん」の後だけに、視聴者の反応を危ぶむ向きもあった「ごちそうさん」。ふたを開けてみると、第1週の平均視聴率は初回の22・0%を皮切りに全6話すべてが20%超え。7、8日放送回もそれぞれ21・7%、21・4%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)と8話連続で20%超え。視聴者の食いつきは上々だ。

 東京の洋食店・開明軒の名物食いしん坊娘・め以子(杏)が、東出昌大(25)演じる偏屈な大阪男・悠太郎に恋をして、食いだおれの街・大阪に嫁ぎ、大正、昭和をたくましく生きながら成長する姿を描く。開明軒のモデルは東京・日本橋の老舗・たいめいけんと言われている。

 「あまちゃん」に勝るとも劣らない“味わい”とは? 朝ドラに詳しいライター、田幸和歌子氏によると、3つのポイントがあるという。

 まず「誠実、丁寧な作りの王道朝ドラ」。「『あまちゃん』はトリッキーさ、スピード感、満載の小ネタが詰まった多彩な色合いを持つ振幅の大きいドラマでしたが、『ごちそうさん』の色合いは1つ。でも主人公の見ていて爽快なほどの食い気、その父の料理にかける情熱、おばあちゃんの温かみ、友達の優しさなど、さまざまな温度があります」

 そしてもう1つの主役ともいえる料理が「おいしそう」なのだ。映画「かもめ食堂」をはじめヒット映画やCMなどを多数手掛ける人気フードコーディネーターの飯島奈美氏の監修が大きい。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!