ポスト「いいとも」の不安 芸人は活躍の場失い… みの冠番組の幕引きにも注目 (1/2ページ)

2013.10.24


余力をもって退くタモリ【拡大】

 来年3月末で終了するフジテレビ系国民的長寿バラエティー「笑っていいとも!」。司会のタモリ(68)による電撃発表で“いいとも後”に向けての準備があわただしく始まった。一方で、活躍の場が減ることに芸人たちは気を引き締めている。

 「22日の午前に『きょうのいいともは見ておくように』と声がかかった。その時点で察してはいたが、目の当たりにすると、一時代が終わった気分になった」

 同局関係者は看板番組の「終わりの始まり」をこう振り返った。レギュラー出演者の所属事務所にも同日午前、同局から番組終了の連絡が相次いで入ったという。

 1982年10月に始まり、エンタメブームを引っ張る形で人気が急上昇。88年4月29日には番組最高視聴率27・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同局の黄金時代を支えた。

 ところが、過去3年の平均視聴率は7〜6%台に。それでも同時間帯ではトップクラスだが、この半年ほどは、ライバル番組に視聴率で差を付けられる日も増えていた。

 演芸評論家の高山和久氏は「人気芸人やタレントにコーナーをまかす手法は裏の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)が取り入れ差別化ができなくなった。4月からゲスト紹介になった『テレフォンショッキング』も好評だったとはいいがたい」と分析する。

 なぜこのタイミングでの発表だったのか。先の同局関係者は「3月末終了なら、普通なら年明けに発表。早めたのは年末と年度末に特別番組で盛り上げる狙い。後番組の企画はまだ固まっていないようで、公表したことで準備しやすくなる」と明かす。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!