みの次男、かる〜い起訴猶予処分のワケ… 父の番組降板と謝罪が影響か

2013.10.30


みのもんた【拡大】

 タレント、みのもんた(69)の次男で、窃盗容疑などで警視庁に逮捕され、29日に起訴猶予処分となった日本テレビの御法川雄斗元社員(31)=諭旨解雇。罰金刑は必至との見方もあったが、甘い決着に落ち着いた。なぜこのような処分になったのか。

 御法川元社員を起訴猶予処分とした東京地検は、処分の理由を「偶発的な犯行で、会社を解雇されるなど社会的制裁を受けている。反省もしている」としている。

 元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は、「通常なら最低でも罰金にはなる事案だと思う」とした上で、次のように解説した。

 「父親が番組の降板という形で社会的責任を負った。一家の収入は大きく減り、責任を負った父に対して本人は負い目を感じる。本来、親の行為が処分に直接つながるものではないが、検察側は本人におよぶ影響の大きさを考慮したのだろう」

 今回の騒動を受け、父親のみのは25日にTBS系「みのもんたの朝ズバッ!」など報道2番組の降板を発表。結果的に、起訴猶予へと持ち込む絶妙の“アシスト”となった。

 ただ、みの親子の件は極めて特殊なケースだという。

 「(みのの)知名度が高く、収入も高額であることが大きい。すべての家庭に当てはまる事案ではない」(若狭氏)

 一般人の家庭でわが子が事件を起こしたとき、とりあえず親が職を辞すれば起訴猶予になる、というわけではないのでご注意を。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!