グラビアカメラマン清水清太郎氏、お宝ショットの集大成! 坂口良子ら“ビーナス”厳選

2013.10.30

 男性誌グラビアの第一人者、カメラマンの清水清太郎氏(64)が、「写真家◎清水清太郎四十周年記念写真集」(光文社、2940円)を発売した。グラビアカメラマンのキャリア40年で撮りためた中から、1980−90年代にグラビアで輝いた女優8人の水着&ヌードのベストショットを厳選。今年3月に亡くなった坂口良子さんの黒ビキニ姿など、貴重過ぎるお宝写真が満載だ。

 登場するミューズは、坂口さんのほか川島なお美(52)、武田久美子(45)、杉本彩(45)、杉浦幸(44)、中島史恵(45)、辻沢杏子(51)、甲賀瑞穂(40)。8人の初々しく白く艶めく肌が男心をムラムラさせる。

 写真だけでなく、清水氏が撮影当時を振り返り8人の素顔や意外なエピソードを明かす秘話コメントも掲載されている。

 坂口さんには「カメラの前ではつねに女優で、『涙を流して』って言ったら30秒もあればパーッて涙を流せる。素顔は気さくな北海道の娘」。杉浦は10代最後の写真集撮影時で「(撮影場所に)着くなり風邪引いちゃって。病院にいくと、熱冷ましの浣腸をすると。それだけはイヤだと幸が言うから、けつっぺたに熱冷ましの注射を打って収まった」と愛らしい(?)エピソードを披露。

 中島は「ほんとに品がいい娘。このときは、ラスト写真集だから、本人も相当気合が入っていてね。スコールが降ったあと、やぶ蚊がブンブン飛んでるハワイの川のなかで一日中撮ってても、文句ひとつ言わずに、ずっと笑顔でいてくれた」という。

 ほかにも、現場の思いつきからヤシの葉で作ったふんどしを付けて挑んだ武田には、「トゲを取り切れず久美子は『痛い痛い』と。彼女の魅力はアイドル然としたニコニコ笑った顔とハードでセクシーな顔とのギャップを意識的に出せること」。杉本には「ここまでキレイな体をした娘は初めてだった。(中略)本当に真面目な娘」などと、いとおしさを込めてつづっている。

 清水氏いわくいずれも「珠玉カット」。1カット1カットじっくり拝めば英気も十分養えそうだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!