“超整形美人”ヴァニラが語る、美の追求とその動機 「強さと明るさ得られた」 (1/2ページ)

2013.11.13

 全身に整形手術を行い、バラエティー番組や女性週刊誌などで「整形サイボーグ美女」「整形モンスター」と呼ばれ話題のモデル、ヴァニラ(年齢非公表)が、初の自叙伝「超整形美人」(竹書房)を出版した。整形に踏み切るキッカケとなった壮絶なイジメ、父親との確執、理想の美としているフランス人形への強い憧憬をつづったヴァニラを直撃した。

 あくなき整形への執着。もはや“整形道”ともいうべき美を追求するヴァニラだが、自身は美容整形を「カスタム」と呼んでいる。

 「手術は怖いですよ。でも、それ以上にきれいになりたいという思いが強いんです。美しくなりたい、ただそれだけなんです」

 18歳のとき7万円で二重(ふたえ)にする美容整形手術を受けて以来、これまでに全身に30回以上を施行。かかった総費用は2000万円を超えている。

 費用のすべては、高級クラブのホステスとして自ら稼いだ。

 「でも、自分の思っている理想のフランス人形像には程遠いんです。自分が納得するまでカスタムは続きます」

 美容整形の伝道師的な立場となり、若い女性を中心に“ヴァニラ女子”なる造語も誕生。美を追求しつづける姿を支持するファンが増えている。

 だが、ヴァニラは安易に整形を勧めているわけではない。「読者の妻、娘が整形を希望しているとしたら?」と尋ねると、「ちょっと目を大きくしたいとか、鼻を高くしたい程度の軽い気持ちじゃダメです。自分のなかに仕上がりの完成図、明確になりたい姿のヴィジョンがなければカスタムはお勧めしません」ときっぱり言い切る。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!