サザン・桑田佳祐は青学の1年先輩 デビュー30周年の実力派・斎藤誠

2013.12.16


斎藤誠【拡大】

 サザンオールスターズのサポートギターとしても知られるシンガー・ソングライター、斎藤誠(55)がデビュー30周年を迎えて精力的に活動している。約5年9カ月ぶりのニューアルバム『PARADISE SOUL』では、有名アーティストとのコラボにも挑戦している。

 斎藤は1977年、青山学院大学に入学。1学年先輩にサザンのボーカル、桑田佳祐(57)が率いる音楽サークル「Better Days」に入部した。78年に『勝手にシンドバット』でデビューしたサザンの後を追うように、83年にアルバム『LA−LA−LU』でデビューした。

 歌のテーマは「世界一優しいラブソング」。アップテンポからバラードまで幅広く、これまでにシングル15枚をリリースしている。今年10月には、12枚目となるオリジナルアルバムをリリースした。

 馬場俊英(46)や福原美穂(26)らとのコラボも精力的に行ってきた。「このコラボは、2006年からレギュラー出演しているベイエフエム(千葉市)の番組「THE SESSION」(日曜午後5時〜)のゲスト出演がきっかけ」と振り返る。

 11年3月に発生した東日本大震災を経て、「元気を取り戻す曲を欲していた」と語り、激しいロックサウンドや明るいポップなナンバーを集めたという。

 そんな斎藤にとって、桑田の存在は「大学での出会いがなくてもリスペクトしていた」と胸を張る。

 「桑田さんは、みんなを楽しませようという思いを常に持っている人。ロックと同じぐらいギャグをして、ずっと笑わせてくれます。8月に5年ぶりのライブ活動を再開しましたが、桑田さんはビックリするぐらい元気」

 斎藤のラジオ出演について、「誠は刺激を受け続けた方がいい」とアドバイスを受けたという。「だから、年下のアーティストのエキスを吸ってやるつもりで臨んでいます。この5年9カ月は自分を見つめ直す良い機会になりました」と話し、ソロでのライブ活動にも精力的だ。

 年末にはアコースティックライブ「斎藤誠のクリスマスパラダイス!!」も予定されている。12月20日は名古屋市千種区「TOKUZO」、翌21日は横浜市西区の「サムズアップ」を回る。(格清政典)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!