最優秀助演男優賞は「前髪クネ男」勝地涼 さまざまな役で見事な成長

2013.12.25


勝地涼【拡大】

 今年も残りわずか。今回は今年のドラマでキラリと光った俳優の中から“助演男優賞”を選びたい。

 じゃじゃ〜ん。勝地涼でキマリでしょ。

 5年前の大河「篤姫」でのジョン万次郎役がとても印象深かったから、今年の大河「八重の桜」に会津藩の山川健次郎として現れたとき、最初は万次郎がなぜ会津にいるのかと思ってしまった。万次郎ならぬ健次郎というのも、ややこしい。

 でも「八重の桜」で、戊辰戦争のさなかに臆病な振る舞いがあったとして長兄・浩(玉山鉄二)に「家名を汚した。腹を切って詫びろ」と迫られる。そのあたりから、勝地涼イコール健次郎とオヤジも慣れてきた。その後の健次郎の成長ぶりは見事。今月15日の最終回まで、会津藩の汚名をそそがんと兄の遺志を継いで奮闘した。立派な人物を立派に演じきった。

 一方、同時並行で出演した7月期の月9「SUMMER NUDE」での役柄は、大河と真逆。山下智久の親友で、二枚目なのに三枚目として振る舞うコメディーリリーフを、これまた見事に演じていた。女の子にワザと(?)もてないギャグが、とても楽しかった。オヤジはこの月9、勝地涼が見たくて全回欠かさず見てしまった。

 そして、忘れもしない“8月27日”。なんと朝ドラ「あまちゃん」に1話だけ出演してくれた。

 アキちゃん(能年玲奈)の主演映画「潮騒のメモリー」の相手役という役。撮影スタジオに現れた彼、前髪の一部が長くて、腰をクネクネさせているので、アキちゃんがつぶやいた。「前髪クネ男」

 あまちゃんブームのさなか、この1話だけの出演によって、もしかすると勝地涼はこの先、永遠に「前髪クネ男」と呼ばれるかもしれない。

 ジョン万次郎あらため前髪クネ男。一瞬で視聴者の印象に残る、これぞ「最優秀助演男優賞」。(新橋のネクタイ巻き)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!