「視聴率男」たかじんさん去り 関西テレビ局に衝撃 多数の冠番組

2014.01.08


やしきたかじんさん【拡大】

 関西ローカルでは視聴率男として君臨してきたたかじんさんの急死に在阪テレビ各局は大きな衝撃を受けている。

 「たかじんのそこまで言って委員会」を放送する読売テレビは「故人の遺志を尊重して番組タイトルは変更しません」。たかじんさんが休養する際に、「いなくなっても番組は続けてほしい」との要望をスタッフ側に伝えていたという。12日放送分は10日夕方に収録予定だが、内容などについては「これから検討します」としている。

 関西テレビで放送している「たかじん胸いっぱい」でも、「長年続いている番組で、たかじんさんの休養中も変更はしていないので、当面の間は冠は残していきます」と話し、追悼の気持ちを込めた番組を制作する意向。また「たかじんNOマネー」を放送するテレビ大阪でも「たかじん」の冠は外さない方針だ。

 「病に臥せて以降は親しい業界関係者しか消息を知らない状況で、昨年末には『快方に向かっている』という情報すら流れていたので、本当に驚いている」と、在阪放送作家。「関西ではもう2度と出ない天才。番組対応に放送業界は大慌てになる」と続けた。

 芸能ゴシップから政治・経済までぶった斬る芸風を確立。政治評論家の三宅久之さんと親交を深め、橋下徹大阪市長の強力な援軍でもあった“西の論客”の空席は誰も埋められない。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!