寺尾聰主演、大好評ドラマ「事件屋稼業」の第2弾

★金曜プレステージ『事件屋稼業2』(フジテレビ、31日午後9時)

2014.01.28


人気にこたえて第2弾。「事件屋稼業2」に出演の左から寺尾聰、岡本あずさ、竹中直人【拡大】

 寺尾聰(66)主演で、昨年5月に初めてテレビドラマとして放送された「事件屋稼業」。第1弾放送後には「今までとはちょっと違うサスペンスで面白い」「コミカルなシーンが病みつきになる」といった続編を望む声が多数届き、第2弾の放送となった。

 原作は、関川夏央氏、谷口ジロー氏によるハードボイルド漫画「事件屋稼業 TROUBLE IS MY BUSINESS」。

 寺尾演じる中年探偵の主人公・深町丈太郎は愛想を尽かされて別れた妻子に未練たらたら。金はないのに損得抜きの仕事にのめり込む。探偵事務所が入るビルの家主で美人歯科医の杉本麗子(佐藤江梨子)、愛するひとり娘、川島カオリ(広瀬アリス)、警視庁捜査一課の刑事で深町から情報を買っている五島田正春(竹中直人)など、個性豊かなメンバーが織りなすエンターテインメントドラマだ。

 今回は、セリザワホテル&リゾート副社長・芹沢利佳子(大塚寧々)からの依頼。会社に届いた告発文の犯人捜しと、芹沢の一人娘・結希(岡本あずさ)を警護する仕事が深町に舞い込む。利佳子が受け取ったという告発文には、20年前に六甲山で起きた“ある事故”のことが書かれていた。

 深町と五島田らは大阪と東京で謎解きに奮闘し、告発文の裏に隠された闇組織の陰謀を暴いていく。その最中、結希が深町の隠し子なのではという疑惑が浮上し、事件は思わぬ方向へ展開していく。

 寺尾は第2弾に、「他の2時間サスペンスとは作風が違っていてコメディーベースのサスペンスですけど、人間の行き交う気持ちだったりがにじみ出て、視聴者の皆さまに共感していただけるとうれしい」と手応え十分。「竹中さんには前回よりも多くのシーンに出演いただき、シリアスとコメディーの両シーンで私と絡んでいただいたので、見どころも前回よりもさらに増えていると思います」と語る。

 シリーズはホップ、ステップと順調に成長中。フジテレビの看板シリーズとなりそうだ。(和)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!