“ニセベートーベン”佐村河内氏は詐欺になるのか 被害者100人集まれば立件も (1/2ページ)

2014.02.06


インタビューで作曲の大変さを語っていた佐村河内守氏。ゴーストライターの存在に衝撃が収まらない【拡大】

 日本の音楽界を揺るがす大スキャンダルに発展した、作曲家、佐村河内(さむらごうち)守氏(50)のゴーストライター問題。「交響曲第1番 HIROSHIMA」など主要楽曲のほぼすべてを作曲したと6日発売の「週刊文春」で告白した桐朋学園大作曲専攻非常勤講師、新垣(にいがき)隆氏(43)は同日午後、都内で会見。「私は何度か、彼(佐村河内氏)に対して『こんなことはやめよう』といいましたが、彼は聞き入れてくれませんでした。(佐村河内氏に)『あなたが曲を書いてくれないと私は自殺する』ともいわれました」などと経緯を明かした。「現代のベートーベン」として米TIME誌も紹介していた人気作曲家の偉業は、詐欺罪にあたる可能性も出てきた。

 5日夕、佐村河内氏の影武者がついに名乗り出た。新垣氏は報道各社に書面を送り、「私は佐村河内守氏のゴーストライターを18年間やっておりました。その件についておわび申し上げたい」と表明。会見で洗いざらい明らかにするとした。

 新垣氏とはどういう人物か。東京都出身で、桐朋学園大学音楽学部を卒業後、同大の非常勤講師として採用された。現代音楽の作品を発表しつつ、せりふや音楽がない無声映画の伴奏楽団のメンバーとしても活動しているという。

 週刊文春などによると、新垣氏が25歳のとき、当時33歳の佐村河内氏と知り合い、佐村河内氏から映画「秋桜」の音楽を依頼された。収入を補える上、自分の曲が多くの人に聴いてもらえるうれしさから仕事を引き受けたという。

 その後、2人はゲーム音楽から2003年に完成した約80分に及ぶ大作「交響曲第1番 HIROSHIMA」、さらにソチ冬季五輪でフィギュアスケートの高橋大輔選手(27)がショートプログラムで使用予定の楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」まで関係が続いた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!