フィギュア羽生の使用曲効果 ゲイリー・ムーア「パリの散歩道」の問い合わせ殺到

2014.02.10


故ゲイリー・ムーア【拡大】

 ソチ冬季五輪に出場しているフィギュアスケート男子の羽生結弦(19)=ANA=が、ショートプログラム(SP)で使用している曲「パリの散歩道」にがぜん注目が集まっている。レコード会社には問い合わせが相次いでいて、五輪をきっかけに再び人気に火が付きそうだ。

 開幕前の6日(現地時間)にスタートしたフィギュアスケート団体戦。男子のSPでは、2006年トリノ五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)や世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)を抑え、羽生が圧巻の1位となった。羽生を後押ししたのが、「ロック界の人間国宝」とたたえられながら、2011年に死去したギタリスト、ゲイリー・ムーアの代表曲「パリの散歩道」。哀愁を帯びたエレキの響きに胸を打たれた人も多かったようで、「羽生の演技が目立っていた分、問い合わせが相次いでいる」とユニバーサルミュージックの担当者。競技が行われた6日は、ムーアの3回忌の命日でもあった。

 曲は1978年のアルバム「バック・オン・ザ・ストリーツ」に収録され、10年4月、21年ぶりに実現したムーアのジャパンツアーでも演奏された。感情を前面に押し出したムーアの“泣きのギター”がメロディアスな楽曲にぴったりマッチしている。

 羽生は前シーズンからこの曲をSPに使用し、才能が一気に開花した。日本にメダルを呼び込む縁起の良い曲となりそうだ。ベスト盤の「ゲイリー・ムーア・メモリアル・コレクション」や配信で購入できる。12日から「パリの散歩道」などフィギュアスケートでの使用曲全17曲を収録したコンピ「フィギュア・スケート2014」も配信が始まる。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!