【心霊アイドルりゅうあ日記】心霊スポットへ行くのは自由ですが…

2014.02.10


りゅうあ【拡大】

 私が中学生だった、とある夜、生まれて初めて金縛りというものを経験しました。

 その夜は、赤と黒の夢を見たのです。今でもよく覚えているのですが、その瞬間が来るまでは普段の生活を頭の中で再生しているような色鮮やかで普通の夢を見ていました。

 それが急に赤い絵の具と黒い絵の具がゆっくりとぐるぐる回りながら、混ざりあっているような映像になり、自分がいま夢を見ながら金縛りにあっているということに気がつきました。

 「本当に動けない…痛い…目も開かないし………」と思っている最中も映像はどんどん進み、ただのマーブル模様だったものがぐるぐるぐるぐるとどこか懐かしく思えるような風景になりました。

 赤色と黒色のみなのですが、私の感覚がおかしくなっていたのか、その風景に不思議と違和感を感じませんでした。

 そこには庭があって家があって「…?」遠目で見ているような感じだったので写真を見るような気持ちでよ〜く見てみました。

 「女の人…………?」年齢は10代後半くらいでしょうか、着物を着た黒髪の女性が庭にぽつんと立っていました。女性に気がつくと金縛りがふっと解け、目を覚ましました。

 目を開けると自分の部屋…しかし、眠りについた時とは少し様子が変わっていました。

 私の部屋は窓際にベッドがあって、ベッドとドアのちょうど中間あたりに、先程夢で見たらしき女性がいたのです。

 その女性は悲しそうに下を向いたまま、3分くらい経つと、ふっと消えてしまいました。

 結局何もなかったのですが…思い当たる節があった私は朝になって兄に聞いてみました。

 「昨日、変な場所行ったでしょ?」

 兄はあっけらかんと、「行ったよ。学校にある立ち入り禁止の部屋。心霊スポットだって噂でさあ〜」

 みなさんも興味本位で心霊スポットへ行くのは自由ですが、あなたやあなたの大事な人の隣に、知らない誰かが居るかもしれませんよ…。

■りゅうあ 1990年2月20日生まれ 身長161センチ、B84・W58・H88のDカップのナイスバディー。趣味・怪談話、特技・オーラを見ること。ZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2013」のファーストステージに登場。公式ブログ http://ameblo.jp/ryuablog/ も要チェックだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!