【心霊アイドルりゅうあ日記】幽霊に会えるかも…夜勤バイト

2014.02.25


りゅうあ【拡大】

 私はもしかしたら幽霊に会えるかも知れない!なんて理由で病院の隣にある調剤薬局で夜勤のアルバイトをしています。

 バイト先の薬局は夜は狸が出るような人気のない地区にあって、夜勤の時は朝まで殺風景な広いロビーに1人でいるので、患者さんがいらっしゃらない時はとてもしーんとしています。

 建物は街で見かける薬局のように、入り口の扉側は全面的にガラスになっていて、扉以外のガラス面にはカーテンロール、夜中ですし、電気も省エネの為に1列だけしか明かりがついていません。

 そんな薄暗い中、空いた時間に私はこっそり怖い話を本で読んだりして時間を潰していました。

 あれは働き始めて半年程経った頃でしょうか。待合いソファーの最後列の4列目に座っていると、真っ暗な調剤室やロビー全体が見渡せるのですが、壁側の真ん中辺りにある柱のところに、黒い人型のシルエットが立っていました。

 腕組みをして柱に寄り掛かって立っている感じ。その人間らしきシルエットを見ていると、3分も経たずにガラス側へ歩いてスッと消えて行ってしまいました。

 それからというもの、夜勤の度に毎回といって良いほど、シルエットを目にするのですが出てくる場所はガラス側にいたり、ソファの所にいたりと…さまざまです。

 それにいつも突然現れ、突然スッと消えてしまう。そんなことが続いたある日、私はシルエットの行動に関してあることに気が付きました。

 実はそのシルエット…段々と私に近づいてきているのです…。私の目の前をサッと通ったりすぐ横に立っていた時はさすがにびっくりしました。

 何回も見ている内に、男性らしいとは分かりましたが、シルエットなので他にはなにも分かりません。

 シルエットが私の横に立っていた日を最後に、仕事の都合で夜勤が出来ない日々が続き、1ヶ月後くらいに久しぶりに夜勤で薬局へ行くと…もうそこにはシルエットはいませんでした。

 多少残念な気持ちになりながらも、私は変わらずまだ夜勤を続けていて、シルエット以外のものも目撃するようになって行くのですが…。

 その話はいずれまた…あなたの見ている影は本当にただの影ですか?目にするたびに段々とあなたに近づいてきていませんか。

■りゅうあ 1990年2月20日生まれ 身長161センチ、B84・W58・H88のDカップのナイスバディー。趣味・怪談話、特技・オーラを見ること。ZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2013」のファーストステージに登場。公式ブログ http://ameblo.jp/ryuablog/ も要チェックだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!