佐村河内氏の騒動、堀江貴文氏に飛び火…

2014.03.12

 佐村河内守氏(50)のイメチェン会見はかなりの衝撃度(笑劇度)だった。

 「名前だけでもインパクトが大きいので、佐村河内氏を引き合いに出してネタにする芸能人が多発しています」(芸能プロ関係者)

 しかし、その一方で、明日は我が身と戦々恐々としている芸能人も多いという。

 「7日に漫画家の佐藤秀峰氏がブログで、ライブドア元社長・堀江貴文氏(41)の小説が『代筆者』によって書かれていると明かしました。佐藤氏は、堀江氏の小説『拝金』や『成金』などの表紙イラストを手掛けていますが、佐藤氏が担当編集者に確認したところ、代筆の事実について認めていたようです」(出版関係社)

 代筆者が本を書いたことが発覚したというと、過去には松本伊代(48)、や長門裕之さん(故人)など。

 「出版業界ではタレントが口述したものを、プロがまとめることは日常茶飯事。いま雑誌などでコラムなどを連載中のタレントたちも、代筆者がいる人がほとんどだと思います。そこを追究していたら、本を出すタレントが激減しますよ」(前出・出版関係者)

 佐村河内騒動の余波は大きい。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!