「今年は勝負の年」レコ大最優秀新人賞グループ・フェアリーズが待望の1stアルバムリリース (1/2ページ)

2014.03.12


フェアリーズ【拡大】

 6人組ダンスボーカルグループ・フェアリーズが、3月26日に待望のファーストアルバム「Fairies」をリリースする。

 フェアリーズは2011年にデビューし、その類まれなるパフォーマンスレベルの高さから、同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。他のガールズグループとは一線を画し、「女の子のあこがれ」として同年代女子のファンが圧倒的に多いことも特徴だ。

 デビューから2年半が経った今年は活動を更に活発化させ、2月15日には新宿村LIVEでファーストワンマンライブを行い大盛況。この勢いをもって3月16日に赤坂BLITZ、4月27日にはアルバム購入者を対象にZepp Diver Cityにてワンマンライブを開催する。インタビューでは、今後の活動への意気込みや、ファーストアルバムの魅力について語ってもらった。(取材・文/豊田隆二)

 −−−2月15日に行った新宿村LIVE、かなりの盛り上がりでした

 ももか:当日は緊張感がすごくてあたふたしてた所もあったんですけど、いざ本番のステージに立つと楽しいっていう気持ちが強くて、すごく良いイベントになったのかなと思います。

 みき:ライブに合わせて新しくグッズも作ったんですけど、ライブ中にタオルを首に掛けてくれたりペンライトを振ってくれたりして、すごく嬉しかったです。

 りかこ:イベントで何かしら私たちのグッズを持ってる人がいると安心します。仲間、ファミリーなんだなって思いますね。

 まひろ:ファミリー!

 ももか:昼公演のアンコールの時に、みんなでタオルを回したんですよ。それを夜公演に来てくださった方は、昼の人に聞いてタオルを買ってきてくれたり、「ペンライトがあった方がいいよね」って話して用意してくれたり、そういうのを聞いて嬉しかったです。

 −−−野元さんはMCで「このライブを神ライブにする!」と言ってましたけど、初ワンマンは神ライブになった?

 そら:今までがっちり単独ライブをすることが無かったので、どういうものになるんだろうって思ってたんですね。でも、新曲「Run With U」は盛り上がる曲だし、ライブになるとファンの方たちが手拍子をしてくれたり一緒に踊ってくれたりして、ライブならではの空気感も出せたので、やっぱり神ライブになったんじゃないかな(笑)。今後のライブはもっともっと神にしたいです!

 −−−その勢いをもって3月16日、赤坂BLITZにてワンマンライブがあります

 ももか:2月15日の反省をみんなでしつつ、「こういう曲をもっと入れた方がいいんじゃない?」とか、「曲順はこういうのがいいんじゃない?」とか、「MCはこうしたほうがいいんじゃない?」とかをメンバー内で話し合って、みなさんに楽しんでもらえるような案を考えたり、ファンの人の意見もいただいたりして、もっといいものにできればと思います。

 −−−−ファンの人の意見はTwitterなどでもらう?

 ももか:Twitterとかお手紙で。あと、握手会で「あの曲聴きたかったな」という感想をいただいたりしたので、そういうのを踏まえつつですね。

 −−−赤坂BLITZワンマン、どんなライブにしたい?

 みりあ:昨日も寮で、2月15日のライブ映像を見て反省会をしたんですよ。赤坂BLITZは一体感のある、みんなで作るライブしたいな。

 みき:映像を見て、まだまだやれる所がいっぱいあるなって。2月15日は初めてですごく緊張したし、体力的なところでは息が上がって大変で。4月にはアルバムを買ってくれた人向けのライブもあるので、どんどん上を目指して行きたいと思います。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!