【カズゾウの絶対音監】声優さんの普段の会話って!?

2014.03.14


ハマノカズゾウ【拡大】

 バレンタインのお返しをするのがホワイトデーですが、実は私たちはお返しがなかなかできなかったりします。何故なら、2月14日辺りはレギュラーアニメの収録、最終話辺りであることが多く、3月14日辺りはもう4月新番の収録がスタートしているから、出会う人たちがゴロっと違っちゃったりします。

 なので、私は極力レギュラーアニメの現場ではバレンタインデーにはチョコを頂かないようにしてます。お返し出来ないので…と。3月と言えば、そろそろ色々なスポーツが賑やかになってくる頃ですね。

 オリンピック熱もすっかり冷え、しかし今年はワールドカップもありますし、大リーグでは新たにマー君の挑戦もあり、楽しみがいっぱいです。

 私、スポーツが大好きなんですが、その中でも野球が特に大好きです。でも、実はこの業界では昔から仕事関係者と話をする際、タブーとされているモノがあります。「政治・宗教・プロ野球」の話。

 この3つはお酒の席でも極力避けるべし、と古くから言われてきました。

 ま、理由は、政治も宗教も思想的な要素が強いので思想論は仕事関係では暗黙の了解としてしないということに。

 でもプロ野球は何で?と思いませんか??プロ野球の話は、好きな球団への気持ちが強いから、最終的に喧嘩になっちゃうから…とか言われましたが、それは昔の話しでしょうか?昔は「男性=野球好き」だったのが今はそれほどでもなく、逆にこの業界で野球に興味のある人は随分減ったと思います…今は話をしても大丈夫だと思い、プロ野球の話をすると、食い付き悪い悪い(笑)「あんまり野球見ないですね〜」という返しで話は終了…って時が多いです。

 随分昔とは声優さんたちとの会話の内容も変わりました。声優さんたちと飲みにいくと、中堅・ベテランさんたちとは「世間話しから始まって→演技論→今のアニメ業界の話し」と発展していくことが多いのですが、若い声優さんたちと話をすると「世間話しをふっとばして、アニメやゲームの話しから始まり→ずっとその話」をする方が多いです。でも、声優さんたちはお話しが上手いので聞いてて楽しいのでいいのですが。

 ただ「役者たるもの広い見聞をもって演技の幅をつけるのが…」的なおっさんくさいことを考えてしまうこともあります。

 「声色の使い方やキャラの作り方よりも、その役の感情や人間性を芝居で…」おっと、飲み会説教モードになってしまいました。

 もうすぐ桜の季節です。お花見です。皆さんも深酒には注意して楽しみましょう!

■ハマノカズゾウ 1969年1月17日愛知県出身。アニメーションの音響監督。舞台の脚本・演出家、ドラマのシナリオライター、声優育成講師など多才に活躍。テレビ東京系「家庭教師ヒットマンREBORN!」など多数のアニメに音響監督として参加。公式ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/kazuzo_hamano も要チェックだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!