園子温監督 トイレ・フロなし4畳半 45、46歳まで映画で食えなかった (1/2ページ)

2014.03.14


「地獄でなぜ悪い」では、二階堂ふみを暴れまくらせた園子温監督【拡大】

★園子温

 国際映画祭の常連、園子温監督(52)の初のエンタメ作品で、第38回トロント国際映画祭でミッドナイト・マッドネス部門観客賞を受賞した「地獄でなぜ悪い」がブルーレイ・DVDで発売された。作品に登場する貧乏自主映画集団「ファックボンバーズ」の監督・平田は、若き日の監督自身を投影したものだ。

 “ファックボンバーズ歴”は長かった。「41歳までトイレ・フロなし4畳半に住んでいて、45、46歳まで食えなかった!」

 「自分に合っているものを見つけるため」若い頃は詩、劇団を旗揚げ、漫画、小説にバンドと何でも手を出したが、ぴあフィルムフェスティバルでグランプリを獲得して映画の道へ。それが長い逆境の幕開けだった。

 「そうなった理由の大きなひとつは、映画学科などでちゃんとした勉強もしていなかったから、自主映画の延長線で低予算の単館系の映画はやれたけど、公開しても話題にならない。誰も見ていないから、年末の映画賞もクソもなかったです」

 だが、DVDとYouTubeで鬼才ぶりが世に伝わる。初メジャー作「自殺サークル」(2002年)から立て続けに海外映画祭で受賞。今では企画が通りやすくなったという。

 血まみれ、セックスや暴力、殺人など過激な作風。すさまじいエネルギーと突き抜けた感性の源は「子供時代が一番根深い」と苦笑いする。

 「幼年時代、小学校時代、周囲から異質と言われ、すべての環境から疎外感があった。トラウマ? たくさんあるけど、例えばある小学校の担任が、生徒を1人ずつ立たせ、その子の長所を他の子に言わせて褒め合おうとした。でも俺の時はシーンとして誰も何も言えなかったの。そしたら担任がキズに塩をぬるように『園だっていいところがあるんだ!』って。きつかったわ〜」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!