【結婚&離婚解体】ちはる、元夫とのセックスレスが離婚原因

2014.04.02


岡野あつこ【拡大】

 私はこれまで2万6000件以上の夫婦問題の相談を引き受けてきました。それぞれの時代によって相談の内容も少しずつ異なるものですが、最近になって増えているのが男性からの離婚相談です。

 かつては、「離婚相談といえば女性がするのもの」と相場は決まっていましたが、ここ数年は夫側からの離婚相談も急増。内容も幅広く、「自分に好きな人ができたから穏便に別れたい」というものや「妻が浮気をしているようだが、どうしたらいいのかわからない。会社の同僚や自分の友人には恥ずかしくて相談できない」というものなど、個人差があるものです。もちろん、もともと離婚とはそういうもの。夫婦の数があるだけ、離婚の原因のバリエーションもあると思っていいでしょう。

 ところで、かつてこの連載でも取りあげたタレントのちはるさん(44)の離婚と再婚について。

 多くの女性は、浮気をした元夫がきっかけで自分自身も若い恋人をつくったちはるさんの潔い決断に「それもアリかもしれない」と思ったはず。ちはるさんの選択肢に異論を唱える女性は少なかったことが想像できます。

 そのことが、明らかになったのは、ちはるさんが出演した最近のテレビ番組でのこと。あらためて離婚の原因を問われたちはるさんは、なんと自身の口から「(離婚の原因は)セックスレスと私の浮気です」と語ったのでした。

 ちはるさん夫婦は、結婚してすぐに子どもが生まれ、その後はセックスレスの関係だったという、いわゆる「産後クライシス」の状態。子どもの誕生をきっかけに夫婦関係にヒビが入った夫婦の危機を産後クライシスといい、社会現象にまで発展している問題です。

 「たかがセックスレスで、離婚するなんて」と軽んじている男性は要注意。ある日、突然に「別れたい」もしくは「好きな人ができた」と妻に離婚を切り出されてしまうかもしれません。

 というのも、女性にとって男性以上に精神的にダメージを与えるのがセックスレスの問題だからです。たとえば、ちはるさん夫婦の場合は15年間もセックスレスの状態が続いたといいますが、これは夫側にも責任があります。妻からのセックスの要求を断ることは、法律で定められている離婚理由のひとつにあてはめて考えることができるのです。

 実際に、ちはるさんはセックスレスの状態だった頃について「抱きしめてもらいたい時期だった」と言っています。はじめての出産や子育てで心細くなっているときに、セックスという夫とのコミュニケーションの時間が奪われてしまうことは、女性にとってはとても辛いことです。

 事実、夫との離婚を考えたきっかけについて妻の側に本音をたずねてみると、「夫に、自分を女として見てもらえなくなったから」「夫の愛情を感じられなくなったから」と暗にセックスレスを匂わす声が多いのも納得がいくことです。

 女性にとってのセックスは、ちはるさんのように「抱きしめてもらいたい」という気持ちがベースの精神的なことである場合も多いもの。そのあたりを上手にくみとって、コミュニケーションを続けることが夫婦円満の秘訣と言えるでしょう。

 ちなみに、ちはるさんの場合、元夫とのセックスレスをきっかけに「(ほかの男性とならセックスを)できるんだ」とふたたびセックスに目覚めた様子。既婚者の男性のみなさんも奥様を放っておくと危険なことになることを覚えておいてくださいね。

■岡野あつこ(おかの・あつこ) 1954年8月5日埼玉県出身。夫婦問題の悩みを解決するカウンセリング事業や、カウンセラーを育成する岡野あつこのライフアップスクールなどを運営する、株式会社カラットクラブ代表取締役。NPO日本家族問題相談連盟理事長。1991年よりカウンセリング事業を開始、2万5000件以上のカウンセリング実績をもつ。現在は、後進の育成にも力を入れており、ライフアップスクールの卒業生は1800人を超えている。夫婦問題解決のプロとしてメディアに出演し、一人でも多くの人に笑顔が戻るよう日々活動中である。離婚相談救急隊 http://www.rikon.biz/ 。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!