【心霊アイドルりゅうあ日記】日常の中の非日常は身近に…

2014.04.08


りゅうあ【拡大】

 私は高校生の頃、毎日バスで通学をしていました。

 高校は四方を田んぼに囲まれた、のどかな雰囲気のなかにあり、最寄りのバス停に到着した後も学校まではかなりの距離がありました。

 自転車通学をしている友人が多かったので、下校の際は友人達に付き合って駅まで歩いて帰ることもありました。

 夏も終盤に差し掛かり秋の足音が聞こえてくるような、そんな日の部活終わり、誰からともなく「今日はみんなで話しながら帰ろうよ」という話になり、同じダンス部の特に仲の良い4人で一緒に歩いて帰ることになりました。

 部活終わりで疲れてはいましたが、やはり友達といるのは楽しくて、田んぼだらけの道も見通しが良く、その日の夕焼けはとても綺麗でした。

 学校から駅までの道のりの丁度真ん中あたりの場所に病院がありました。病院を目にしながら「そろそろ半分だなあ」と思っていると通常とは違う風景に気がつきました。

 他は何も異常はなく通常通りの田んぼでしたが、私たちがいた目の前の田んぼの稲だけ方向は様々ですがあちこちを向いて倒れていました。

 稲の倒れ方も台風などで倒れた感じではなく、例えるなら神話に出て来るような巨人がその場所だけ大きな足で踏み潰したようなそんな雰囲気でした。

 異様な光景に誰かのいたずらかも知れない、とも考えましたが人がイタズラで出来るような倒れ方でも範囲でもありませんでした。

 私は興味があったのでゆっくり観察したかったのですが友人達はその見慣れない異様な光景に不安を覚えたようで足早にその場を後にしてしまいました。

 後日、何気なくテレビを観ていると番組の中で先日の田んぼとそっくりな現象の映像が紹介されていました。

 その映像は海外のものでしたが専門家らしき人物からミステリーサークルという名前で紹介されていました。

 日常の中の非日常は意外と身近に潜んでいるのですね。

■りゅうあ 1990年2月20日生まれ 身長161センチ、B84・W58・H88のDカップのナイスバディー。趣味・怪談話、特技・オーラを見ること。ZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2013」のファーストステージに登場。公式ブログ http://ameblo.jp/ryuablog/ も要チェックだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!