演出家テリー伊藤氏「人生で見るべき映画!」 全米歴代1位のアクション映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」

★(上)

2014.04.14


(C)2014 Marvel.  All Rights Reserved.【拡大】

 5秒に1回の驚き! プロローグの海賊との闘いからテンポよく畳みかけて、一瞬たりとも目が離せない。まばたきする暇もない。

 よく「ジェットコースター映画」という言葉が使われるけど、それ以上の宇宙遊泳しているような気分。見ている間、頭の中を空っぽにできたね。まさにハリウッド・アクション映画の王道。こういう映画、好きだなぁ。

 かつて「ダイ・ハード」でブルース・ウィリスは超高層ビルを占拠したテロリストたちをたった1人で退治した。さらに古くは、「大脱走」でバイクに乗ったスティーブ・マックィーンが鉄条網を超えようとした。そのときと同じような痛快さを味わえたね。

 キャプテン・アメリカの武器は、超合金で作られた円状の盾だけ。ホレボレする肉体を駆使するブラジリアン柔術、空手、ボクシング…などの生身のアクションが、ストレートに伝わってくる。

 シンプルな話なんだけど、ここに政治サスペンスの香りを漂わせて、アクションを盛り上げる。「大統領の陰謀」や「コンドル」など、70年代の政治サスペンス映画で主役を演じたロバート・レッドフォードを起用したことで、映画の格が上がったね。

 これまで正義を演じていたレッドフォードがまさかこんな形で登場するとは…。コレ、「西部警察」で正義の象徴だった渡哲也がダークな役をやるようなもの。私たちオヤジ世代にとっては、たまらない。

 単なるアメコミの映画化だと思っていたら、大間違い。大人の鑑賞に耐えられる作品だね。自分の人生の中で、この映画、見ておいてよかったと思う。

 映画のラスト、エンドロールの途中と最後に、次回につながる、おまけシーンがある。それも2つ。二段落ち。最後の最後まで目が離せません。

 〈ストーリー〉アベンジャーズ壊滅の危機!−キャプテン・アメリカ、ブラック・ウィドウらアベンジャーズのメンバーは、これまで共に闘ってきた国際平和維持組織シールドから突然生命を狙われる。そこには、〈全世界2000万人同時暗殺計画〉の陰謀が隠されていた…。

 〈テリーさん情報〉暖かくなって、いよいよ船に乗るシーズン。天気がよかったら、大島に行きたいね。

 cap2.jp

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!