テレビ朝日、急失速の真相 視聴率昨年の勢いどこへ ゴールデン5位陥落… (2/2ページ)

2014.06.04


小澤征悦(右)主演の「TEAM」はテレ朝得意の刑事ドラマだが今ひとつ伸びきれない (4日放送第8話から)【拡大】

 刑事ドラマ以外にも課題がある。4月の大幅改編で大ナタを振るった昼帯が裏目に出ている。目玉は長寿トーク番組「徹子の部屋」の正午スタートへの引っ越しだったが、「定着していない」(平城隆司編成制作局長)。安定した視聴率だった「ワイド!スクランブル」を2部構成にしたところ視聴者が分散し、結果としてライバルのTBS系「ひるおび!」の視聴率がアップしてしまった。

 テレ朝躍進の原動力の1つだったバラエティー番組も失速した。「同じ内容でただ時間を延ばした拡大版や、前後の番組をつなげての2時間拡大スタイルが飽きられた。人気メニューのランキング当ても、タレントが解答するクイズも、マンネリ感は否めない」(ベテラン芸能評論家)。早河社長も「以前のような勢いがない」と認める。

 ただ、5月は同帯月間平均視聴率10・8%と前年比マイナス0・2%ながら民放2位(5月27日発表)と回復の兆しを見せている。6月以降は同局生え抜きの早河社長が会長兼最高経営責任者(CEO)になり、朝日新聞出身の吉田慎一氏が社長に就く。報道色が強くなるとささやかれているが、どう影響するか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!