AKB選抜総選挙大予想! 注目は「卒業組」30万票の行方

2014.06.06


前回はまさかの1位で名実ともにトップになった指原だが、今回は?【拡大】

 AKB48の37枚目シングル(8月発売予定)の選抜メンバーとカップリングメンバー、合計5グループ総勢80人をファン投票で決める「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」(第6回AKB48選抜総選挙)が7日、味の素スタジアム(東京・調布)で開催される。指原莉乃(21)が1位となった前回同様の波乱となるか、速報値通りに順当に展開するのか。アイドルウオッチャーが分析した。

 圧倒的人気を誇った大島優子(25)の卒業を迎え、大変革期を迎えたAKB。296人の立候補者がシングル選抜メンバーなど80の“議席”を目指す。予想順位は別表の通りだが、その理由としてアイドル評論家の西幸男氏は「30万票の行方」を最初の注目ポイントとして挙げる。創生期からの人気メンバー、板野友美(22)、篠田麻里子(28)が卒業し、そして大島も9日に卒業。この3人だけで持っていた30万近くの票が誰に向かうのかが最大の関心事だ。

 2番目の注目ポイントは、SKE48やNMB48、HKT48といった姉妹グループの躍進だ。「ファンの間では通称、“支店”と呼ばれている姉妹グループの上位進出が著しい。本店・AKB48を抜き上位にランクしてくる。指原効果もあり、HKT48の人気メンバーたちが速報で上位にランクインした。このままどこまで上位に食い込めるか、博多旋風に注目」(西氏)

 3番目のポイントは、先月の握手会襲撃事件の影響がどこまで及ぶか。総選挙がより世間に認知され、投票総数も昨年を上回ることは確実。被害を受けた川栄李奈(19)=昨年25位=と入山杏奈(18)=同30位=には、お見舞い票も入って順位はかなり上がりそうだ。「2人は以前、指原のソロCDで『アンリレ』というユニットを組み、CDジャケットにはメーンの指原より大きく扱われた。2人とも将来が期待されている。ここで元気なところを見せてほしい」(西氏)。

 総選挙の模様はフジテレビで午後5時から30分、同6時半から11時10分まで独占生中継される。視聴率もどこまで伸ばせるか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!