美少女の2メートル跳び蹴りが世界を魅了 映画「ハイキック・エンジェルス」引っ張りだこ

2014.06.19


「ハイキック・エンジェルス」で、世界も注目のアクションを披露する宮原華音(右)と川本まゆ【拡大】

 美少女5人が本格的なバトルアクションを披露する映画「ハイキック・エンジェルス」(横山一洋監督)が全国公開された。女優が体を張ったアクション映画でも世界に負けないレベルになったと評判だ。

 主演は、2012三愛水着イメージガールを当時史上最年少15歳で射止めた現役女子高生女優の宮原華音(かのん、18)。共演は2008年全ロシア国際青少年空手道選手権大会優勝の川本まゆ(20)と、雑誌「with」モデルも務める青野楓(21)。宮原、川本、青野の3人は空手の黒帯。他にバレエ歴16年の長島弘奈(18)、CMや映画で活躍中の伊藤梨沙子(18)が所狭しと暴れまくっている。

 クレジットカードのCMで瓦割りを披露して話題となった人気アクション女優、武田梨奈(23)を発掘した映画プロデューサーの西冬彦氏が5人を抜てき。撮影準備に1年かけたが、スタントマンなしのアクションだけに10日間の撮影は負傷者続出だった。

 宮原は「撮影に入ってすぐ、右足の内くるぶしを剥離(はくり)骨折しました」。ところが、「骨折に気付かなくって。日に日に青くなっていったので虫刺されだと思い、皮膚科に行ったら整形外科へ回され全治約1カ月の骨折。コルセットを着けて最後まで撮影しました。痛くなかったので」とケロリ。

 こんなにタフな“エンジェルス”が胸をときめかすのはどんなタイプか。聞くと、宮原は「野球派です」とキッパリ。

 「日本ハムの谷口雄也選手が大好き。一番好きなのは高校野球。チャラチャラしていない丸刈りの集団に出会うとテンション上がります!」

 川本は「ガチッとしてムチムチした人。ミルコ・クロコップさんとか。日本人だと映画にも出演された元K−1ファイターの子安慎悟さん」。

 戦えるヒロインは今、ハリウッドはじめ世界各国の映画界で引っ張りだこ。この映画では、宮原は高さ約2メートルに及ぶ跳び蹴りに壁蹴り、川本は接近戦で膝や肘で締める関節技など、5人それぞれど派手なアクションを繰り広げている。そのでき映えに、「アジア各国、特にアクション映画関係者から注目してもらい、海外公開オファーも複数いただき、現在調整中」と配給担当者。いずれ世界で活躍する5人の暴れっぷりを、今のうち目に焼き付けておきたい。 (斉藤蓮)

 ■業界史上初ネット公開

 「ハイキック・エンジェルス」は興行形態でも新風を吹き込んでいる。業界史上初めて、今月14日の初日からインターネット動画サイト、ニコニコ動画でも同日公開され、現在は料金1000円で全国どこでも鑑賞できる。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!