「G博 ゴジラ東京に現る」開催 公式サイトもオープン

2014.06.27


生?ョ氏による「ゴジラvsビオランテ」ポスター【拡大】

 ゴジラ生誕60周年/ハリウッド版新作映画「GODZILLA」日本公開(7月25日)を記念して、夕刊フジが7月20日(日)から東京・渋谷ヒカリエで開催する「G博 ゴジラ東京に現る」。その前売りチケットが24日、発売されました。同時に公式サイト(http://g−haku.com)もオープン。その内容の一部をご紹介しましょう。

 G博は3つの要素から構成されます。まずは新作「GODZILLA」を紹介する「新作ゾーン」。ここにはハリウッド版ゴジラの2メートル立像のほか、撮影で渡辺謙らが着た衣装や小物、設定画や劇中に登場する兵器の仕様など、ハリウッドから直送された品々やデータが並びます。

 2つめは、1954年の1作目「ゴジラ」を中心とした「アーカイブゾーン」。ゴジラを海に沈めた必殺兵器「オキシジェン・デストロイヤー」を東宝の倉庫から“蔵出し公開”するほか、ゴジラの東京破壊シーンを再現した精巧なジオラマ、歴代怪獣の写真・データ、関係者所有の映画台本など、ファン垂涎の“お宝”を一堂に展示します。

 開催前から各方面で話題を呼んでいるのが、世界的イラストレーター・生?ョ範義氏が描き続けてきた平成ゴジラシリーズのポスター原画を展示する「原画ゾーン」。生?ョ氏は映画「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」国際版ポスター、ゲーム「信長の野望」シリーズのイラストなどでも知られ、今年2月に宮崎県で開かれた「生?ョ範義展」は、記録的な入場者数となりました。

 G博では、生?ョ氏の貴重な原画に加え、「怪獣絵師」と呼ばれる開田裕治氏の迫力あるイラスト原画も展示します。さらに、ゴジラを愛する有名イラストレーターが描いたトリビュート・イラストも公開します。

 【会期】7月20−29日(午前10時〜午後8時30分)

 【料金】一般1000円(前売り800円)、大学生・高校生800円(同600円)、中学生以下は無料

 【前売り券】セブン−イレブン(関東圏の各店舗)、東急線各駅のtoksで発売中

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!