【心霊アイドルりゅうあ日記】女の子の声、何かが池に飛び込む音、青白い光… すべて動画に

2014.07.15


りゅうあ【拡大】

 前回の心霊スポットと噂されている公園へ取材で行った話の続きです。

 俳優さん、私、カメラマンさん、監督さんの順で縦一列に並んで向かっていたのは、母親と息子の親子の霊の目撃情報がたくさんあった公園の真ん中辺りにある池です。

 左側が土で出来た壁で右側に池が見え地面は前日の雨で泥だらけで水溜まりも所々にあるような一本道を歩き始めた時です。

 一番後ろにいた監督さんが「地面が不安定で危ないから気を付けて歩こうね!」と言ったのですが私たちが返事をする前に小学生くらいの女の子の声で「は〜い!!」と返事が聞こえてしまい、多分、全員に聞こえていたとは思うのですが【何か見えたり、何か聞こえても無視をする】という四人で作った決まり事を守り、聞こえていない振りをしてその狭い道を歩ききって短い橋を渡り、ちょっとした広いスペースに出ました。

 すると、一番後ろにいた監督さんが恐る恐る話を始めました。

 「みんな俺の前を歩いてるから俺の後ろって、誰もいないはずじゃん?でさ…今日、地面が泥だらけで歩くと足音するから分かったんだけど…俺の後ろにピッタリとくっついて誰かが一緒に歩いてきてたんだよ…」

 その誰かは橋の前でついてこなくなったそうですが、先程の女の子の返事といい、ここは色んな霊がいるのではないか?そんな話になりました。

 不安げな表情を浮かべている方もいらっしゃいましたが、仕事で取材に来ているので、誰も弱音は吐かず取材を続行しました。

 取材の為に池の側まで降りられる階段を見つけ、階段を降りた先に定点カメラを置きました。撮影の関係で私が一人で5分間ほどその場に居ることになりました。

 階段を降りた先は縦に畳二畳ほどのスペースしか無く、周りを柵で囲まれていました。

 私が池をぼーっと眺めていると、黒い何かが音もなくさーっと右から左へ飛んで行きました。その黒い何かが飛んで行った先の左側の木々が生茂った辺りから私は視線を感じていました。

 5分間が無事に終わり、今度は4人で公園の行ける所まで行きましょう、となりました。

 先へ進むと、なんと、池の水際まで行けました。足元に気を付けながら水際で周りを見渡すと数本の綺麗な花がお供えの様に地面に刺し立てられてありました。

 「えっ、これなんだろう…」4人で話していたその時…バッシャーーーーンッ!!!

 人が高い所から池に飛び降りた感じの大きな音がしました。

 「今のなんだっ!?」

 「何かが飛び込んだ!?落ちた!?」

 慌てて池を見ると、波紋がこちら側へも来ていて音がしたであろう方向をよく見てみると、先程私が一人で定点カメラを置いて5分間居た場所でした。

 時間の関係もありこれ以上の取材は諦めて帰宅したのですが…後日、撮影していた動画を4人で見ました。

 その動画には「は〜い!!」という女の子の声や妙な青白い光、バッャーーーーンッ!という響くような音まで全部入っていました。

 気のせいではなかったと改めて思い知らされ、とても怖くなったのを覚えています。

 これに懲りずに、また行くことになるのですが、その話はまた別の機会に…。

 しかし、あの日、一体、何が池に飛び込んだのでしょうか…。未だに謎です…。

■りゅうあ 1990年2月20日生まれ 身長161センチ、B84・W58・H88のDカップのナイスバディー。趣味・怪談話、特技・オーラを見ること。ZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2013」のファーストステージに登場。公式ブログ http://ameblo.jp/ryuablog/ も要チェックだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。