【心霊アイドルりゅうあ日記】北海道のホテルで経験した…

2014.07.22


りゅうあ【拡大】

 先日、怪談イベントに呼んでいただきまして、出演するために北海道へ行きました。

 今回はその際に泊まっていたホテルでの話です。私の部屋はホテルの4階にある角部屋で、隣の部屋には一緒に行ったありがとうのぁみさんが泊まっていました。

 その日の夜、北海道に住んでいるぁみさんのお知り合いのみなさんからとても歓迎していただいて美味しい食べ物とお酒をたくさんいただき、綺麗な星空を眺めながらホテルの温泉にも入って「もうあとは寝るだけだ…」とベッドに横になった時です。

 ぁみさんの泊まっている部屋側の壁から「ドンドンドンドン、ドンドンドンドン」と壁1面を手でノックするような感じで叩く音がしました。

 「ああ、きっと私を怖がらせる為にやっているんだ…」そう思った私は、「ドンドン」と少しだけやり返しました。

 やり返すと音が鳴り止んだので「やっぱり悪戯かな…」とそのまま私は寝てしまいました。

 朝になり、朝食の時にぁみさんに「昨夜の何なんですか〜!?びっくりしちゃいましたよ〜〜〜止めてくださいよ〜!」と私が言うと…ぁみさんはポカーンとしているのです。

 「え?昨夜、私の部屋側の壁をドンドンと叩いたじゃないですか?だから悪戯だと思ってやり返したんですよ〜」。それを聞いてもぁみさんは何が何だかわかっていない様子でした。

 昨夜の事を説明するとぁみさんは、「昨夜は結構遅くまで起きてたけど、叩いてもいないし、叩き返された音も聞いてない」。

 私が叩き返した音すら聞いていなかったのです。朝食を食べた後に部屋の前を調べてみると、私の部屋とぁみさんの部屋は隣なのに、何故かドアとドアの距離が遠すぎる事に気がつきました。

 他の部屋と部屋のドアは近いのに私とぁみさんの部屋のドアだけもう1部屋ありそうな程離れていました。

 もしかして、昔は間に部屋がもう一部屋あったのでしょうか。それにしても、あの「ドンドンドンドン」という音、一体誰がやったのでしょうか…?

■りゅうあ 1990年2月20日生まれ 身長161センチ、B84・W58・H88のDカップのナイスバディー。趣味・怪談話、特技・オーラを見ること。ZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2013」のファーストステージに登場。公式ブログ http://ameblo.jp/ryuablog/ も要チェックだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。