ジブリ、アニメ撤退 映画制作部門を解体 「ポスト宮崎駿」が… (2/2ページ)

2014.08.04


アニメ映画制作から撤退を決めたスタジオジブリ。鈴木氏(左)にとって宮崎監督(右)の引退はやはり大きかった【拡大】

 ジブリ広報部は、本紙の取材に「責任者がいないので何もコメントできない」としている。

 番組放送中から、インターネット上では「悲報だ」「(新作の)マーニーは良かったのに」「宮崎駿という神がいなくなったからな」など、ショックの声が広がった。

 ジブリでは、1本のアニメ映画制作に約8万枚のセル画を使用しており、1作品にかかる費用は約50億円といわれる。

 ジブリの映画制作撤退の裏事情について、「宮崎監督は、『風立ちぬ』(2013年)で好きなテーマを思う存分描いた。高畑(勲)監督もずっとやりたいと考えていた『かぐや姫の物語』(同)に、製作費50億円をかけて製作した。高畑監督の製作費は退職金代わりだという話もある」とベテラン邦画プロデューサーは明かす。

 先月19日に公開された最新作の「思い出のマーニー」は宮崎、高畑がまったく関与していない初めての作品。繊細な少女の心情を描ききっており、評論家らの評価は高い。しかし興行面では今年前半、ディズニーアニメの「アナと雪の女王」が独走状態。「マーニー」の公開1週目の興行成績は、ポケモン映画、ディズニー映画「マレフィセント」に次いでの3位。42万人を動員し、興行収入は約5億5000万円と出足は鈍い。

 「このままでは、宮崎アニメを超えるヒットは期待できそうにないと判断したのではないか。むしろ、大きな損失を与えることも考えられる。会社本体は存続させ、いずれ宮崎駿、高畑勲に匹敵するクリエイターが現れたとき、再び動き出せばいい」(映画制作関係者)と、日本アニメの灯を消さないための撤退とみる向きもある。

 スタジオジブリは「風の谷のナウシカ」の制作会社を母体として、1985年、徳間書店が出資して設立。宮崎駿、高畑勲両監督の劇場用映画を中心に制作し、2001年公開の「千と千尋の神隠し」は興行収入304億円を記録、邦画史上最高のヒットとなった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。