「アナ雪」世界2位の興収国日本にハリウッドが熱視線 「ありのままで」超訳の妙 (2/2ページ)

2014.08.05


ヒット記念イベントに出席した「アナ雪」日本版吹き替えのピエール瀧、松たか子、神田沙也加と主題歌を歌うMay J.(左から)【拡大】

 「アナ雪」では、パワフルで神秘的なヒロインの物語が少女たちを魅了しブームに繋がった、と同氏は見る。

 さらにポップ・ミュージックは日本の女子の大きな関心事だ。ウォルト・ディズニー・ジャパン宣伝プロデューサーの廣村織香さんは、ウォールストリート・ジャーナル紙で「吹き替え版で、演じるだけでなく歌える松たか子と神田沙也加を起用。2人が物語に新たなディメンション(次元)を与えた」と解説している。

 あの主題歌「Let It Go」を意訳すると「なるようになれ」。米ハリウッド・レポーター誌では、日本語版の「ありのままで」を逆に英訳すると「Just as it is」だが、「Let It Go」の歌詞を「ありのままで」とユルく訳したのが「例外的に功を奏した」と説明する。

 日本の観客へのインタビューも紹介された。83歳の女性は「みんなが話題にしているし、新聞で誉めていたので見に行った」。映画は3年ぶりという男子学生は「恋人が見たがったので」。「子供を連れてきた」というパパの声も。

 私が見たある日本のTV番組ではアラフォーの女性アナが「3回見た」と告白していた。2Dで見て3Dで見直し、英語版を見て、日本語版も見たくなった、という。リピーターが多いのも特徴だ。“女・子供”が好む優れた作品なら、年長者も男性も釣られて、というのが日本的ヒットの構図のようだ。

 日本人の反応がここまで米メディアに掲載されるのはまれで、どれもポジティブな扱いなのがうれしい。熱いアナ雪現象が「日本の市場も忘れないで」とハリウッドに送ったメッセージはそれほど強烈、ということになる。 (板垣眞理子)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。