【心霊アイドルりゅうあ日記】テレビの心霊番組を見ていて…

2014.08.05


りゅうあ【拡大】

 夏の風物詩といえば心霊番組ですよね。今回はそんな心霊番組に関するお話です。

 数年前の蒸し暑い夏の夜、私は自分の部屋で仲の良い友人二人でテレビの心霊番組を見ていました。もちろん心霊好きな私は後で何度も見返せるように録画もしていました。

 番組では幽霊が写っているという心霊写真が紹介されたり、出演されているタレントさんが体験談などを話していました。番組の中のコーナーで心霊動画の紹介になりました。私たちは「これすごいなあ、怖いね〜」なんて楽しく見ていました。そして3本目くらいの動画紹介になりました。

 ナレーションで「この動画は、男性6人で心霊スポットといわれる廃ビルへ行って中に入り、動画を撮影していたらある場面に幽霊が写ってしまったらしい…」そんな説明と共に映像が流れ始めました。

 映像が流れてすぐ私は異変に気がつきました。カメラを持ってる人物以外の男性5人が写っている映像のちょうど真ん中に白い服を着た女性が真っ白な歯を見せ、ニヤリと笑っていました。

 私は「確かに映ってるな〜」なんて思いながら映像を観ていました。すると、場面が変わり改めて先程真ん中に立ってにやりと笑っていた女性が写っていました。それも、少し離れた場所で一瞬だけしか見えませんでした。

 「え、さっきの場面の前の方がはっきり写っていたのに…どうしてだろう?」腑に落ちなかった私は一緒に見ていた友人に「今の映像、問題の場面の前から女性が写っていたよね?しかもカメラを見ている感じで…」と聞いてみました。

 友人の一人は「なんのこと?」ポカーンとしています。ですが、もう一人の霊感がある友人は黙って頷き「しかも、カメラ目線というより、私たちを見ているように感じたよ…」と言いました。

 ただ、あまり騒ぐと見えていなかった友人が怖がってしまうのでその話は気のせいだった、として流してしまいましたが後日、録画しておいたその心霊番組を見ようと録画記録を見ると…全く録れていなかったのです。録画しているのを確認しながら番組を見ていたはずなのに…。いま考えると、あの女性は映像に写っていたのではなく私たちの見ていたテレビ画面に写っていたのではないかな…と。

 そう考えると、問題の場面の前から女性が居たことに番組が触れていなかったのにも納得がいきます。

 ただ、それがもし事実だとすると、とても怖いなあと思いました。

 みなさんもテレビだから大丈夫とは限らないので、くれぐれもお気をつけてご覧くださいね…。 

■りゅうあ 1990年2月20日生まれ 身長161センチ、B84・W58・H88のDカップのナイスバディー。趣味・怪談話、特技・オーラを見ること。ZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2013」のファーストステージに登場。公式ブログ http://ameblo.jp/ryuablog/ も要チェックだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。