渡辺謙、子供たちと共演“解禁”のワケ (1/2ページ)

2014.08.06


杏ら子供たちと距離を置いてきた渡辺謙だが…【拡大】

 ハリウッド版「GODZILLA」で話題の渡辺謙(54)が様々な貌(かお)を見せている。

 真夏にひとすじの涼をとばかりに、ゲレンデを舞台にした2日放送のスペシャルドラマ『白銀ジャック』(テレビ朝日系)では、ゲレンデに爆弾を仕掛けたという犯人と交渉し、巨大な陰謀を明らかにして行くゲレンデ統括マネジャーを演じた。原作はスキーの愛好家でもある東野圭吾氏。

 新潟出身の渡辺も、父親がスキー学校の先生で、自身も学生時代はスキーの競技会に出場。元フリースタイル女子モーグルの上村愛子氏に「カッコよかった」と言われるほどの腕前だ。

 その番宣インタビューで息子の渡辺大(30)、娘の杏(28)について語った。

 今や高視聴率女優となった杏だが、演技については「ちょっとメールで アドバイスするくらい」だと言い、連絡を取り合っていることを示唆。そして子供たちと共演したいとも言う。

 これまでは頑に共演を拒んできた渡辺の気持ちを変えさせたきっかけは、先だって行われた、役者として惜しまれた蟹江敬三さんのお別れ会だ。

 蟹江さんの長男で俳優の蟹江一平(38)が「一度も共演させてもらえなかった!」と叫ぶように話したことで、「そうか、死ぬまでにやっとかんといかんのか、って」と渡辺。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。