有吉弘行は毒蝮三太夫を毒舌の手本に フォロー忘れぬ姿勢も (1/2ページ)

2014.08.16

 今年、40才を迎えた有吉弘行。レギュラー番組が軒並み高視聴率を記録しながらも、その舌鋒は未だ衰えることはない。まさに惑うことのない「不惑の男」である。そんな有吉が尊敬するいわば「毒舌の先輩」が、毒蝮三太夫だという。

 TBSラジオ平日朝のワイド番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』内の生中継コーナー『ミュージックプレゼント』をのべ45年間担当。関東近郊の商店や銭湯、さらには中小企業などを訪れては、集まったお年寄りに「しけたジジイ」「きたねえババア」と罵り、また、妊婦が「生まれてくる子供のためにお腹をさすってほしい」と願い出れば、お腹に触れて安産祈願した後、どさくさまぎれに妊婦の胸にもタッチ。それでもみな拍手と歓声をあげて「マムちゃん」と呼びかける。

 そんな、もはや迷惑防止条例もコンプライアンスも通用しない毒蝮のどこを有吉は尊敬しているというのか? 放送作家が語る。

 「有吉がすごいと思っているのは、自分のことを棚に上げて、相手のことをあげつらうところらしいです。“くたばりぞこない”と言っている毒蝮さんも御年78才。年齢だけ考えれば、人のことは言えない。また毎回集まった一般人の顔のことをその場の思い付きで『わら人形みてえな顔しやがって』とか『伊良部みてえなババアだな』とか『応仁の乱みてえな顔しやがって』など、思いつきで言っていますが、じゃあ自分の顔はどうなんだ、と。そんな、棚に上げて相手を責める姿勢は、毒蝮さんにはかなわないと有吉はみているようです」

 さらに有吉は、毒を吐くときのハウツーも参考にしているという。

NEWSポストセブン

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。