神田沙也加 「トークでも数字持っている」と民放Pが高評価 (1/2ページ)

2014.08.18

 大ヒットから社会現象となっている映画『アナと雪の女王』が封切館で未だに上映中だ。作中の曲がおさめられたサントラ盤は8月4日付週間アルバムランキングで4位、20週連続で10位以内に入り続けるロングヒットとなっている。この映画に主人公アナ役の日本語吹替で出演中の女優・神田沙也加はいま、テレビ業界から「数字を持っている」と高評価を受けている。

 「DVD発売前のタイミングで神田沙也加さんには複数のバラエティ番組に出ていただきましたが、いずれも視聴率がよかった。毎分をみても彼女が出ている時間は数字がいい。アナ雪の曲を歌ったときだけでなく、トークの時間帯もです。AKBやEXILEがゲスト出演したときより数字がいいですよ。アナ雪の人気は今年じゅう続きそうですし、沙也加さんには今後も出演をお願いしたい」(民放テレビ局プロデューサー)

 デビューからずっと松田聖子と神田正輝の娘と言われ続けた沙也加だが、今では両親の七光りではなく本人が数字を持っているとの評価を得ている。アナ雪関連でテレビ等の露出が増えると同時に、実はミュージカル女優として活躍中で歌唱力も演技力も折り紙つきとの評判も広まった。しかし、演劇ファンからも実力アリと認められたのは3、4年前からのことだ。

 2010年の劇団☆新感線による『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive』に出演した沙也加をみて、それまで見聞きしていた評価を変えることになったと40代の演劇ファンの女性は言う。

 「沙也加さん演じるふわふわドレスに巻き髪のポリーが舞台に登場して、お尻をきゅんと振りながら客席に向かって微笑んだとき、あんまり可愛いので客席がどよめいたほどでした。レ・ミゼラブル』でコゼットを演じたときより、歌もお芝居も格段に良くなっていた。アイドル然としているのに好奇心旺盛で大胆なお姫様の役がハマリ役だったこともありますが、古田新太さんのように個性が強い役者さんが相手でも負けない、よいお芝居をしていましたよ」

NEWSポストセブン

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。