氷川きよし暴行騒動 事務所は否定

2014.08.19

 演歌歌手の氷川きよし(36)が、元マネジャーの男性を殴るなどしたとして、警視庁が今月中にも暴行の疑いで書類送検する方針を固めたと18日のフジテレビ「スーパーニュース」が報じた。元マネジャーが刑事告訴していた。

 今年4月、コンサートのために訪れていた岡山市内のホテルのエレベーターで、当時マネジャーだった20代男性の頭を複数回、カバンで殴ったり、足を蹴ったりした疑いが持たれている。

 また、この元マネジャーについても、暴行の口止め料として、氷川の所属事務所に1億〜2億円の支払いを要求したとして、警視庁が恐喝未遂の疑いで書類送検する方針と報じている。

 氷川の所属事務所は、公式ホームページで「元社員による恐喝未遂容疑ともども、この件については捜査機関に真相をすべてご説明し、暴行の事実はございません。このような報道でご心配をおかけしたことをおわび申し上げます」と説明。本紙の取材に対しても「ホームページでのコメント以上に申し上げることはありません」と話した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。