江角騒動、とうとう警視庁動く…元マネジャーに事情聴取 一茂側は被害届提出

2014.09.11


落書き騒動で渦中の江角マキコ【拡大】

 女優、江角マキコ(47)が、元マネジャーの男性に、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂氏(48)宅に落書きさせたと報じられた問題で、すでに一茂氏側が警視庁に被害届を出しており、警視庁が元マネジャーを事情聴取していたことが分かった。日刊スポーツが11日報じた。“落書き騒動”では江角がブログで謝罪し鎮静化をはかったが、ついに刑事事件に発展した。

 同紙によると、一茂氏側は、東京都内の自宅が落書きされたとされる2012年12月末、警視庁の所轄署に被害届を出したという。警察は被疑者不詳のまま受理、捜査を開始したという。

 しかし、被害から約1年半後、事態は大きく動いた。先月28日に発売された「週刊文春」が、江角が12年12月、元マネジャーに「バカ息子」と一茂氏宅に落書きさせたと報道。元マネジャーが周囲に、江角から「娘が同級生の一茂の娘にいじめられている」と聞かされ、落書きを頼まれたと打ち明けたとしている。

 この報道を受けて、警視庁は先月末から今月初めにかけ、元マネジャーから事情を聴いたところ、落書きを認めたという。江角からの依頼の有無について話したのか、江角の聴取が行われたかなどは不明だが、元マネジャーが器物損壊の疑いで書類送検される可能性もあるという。

 江角は今年3月、所属していた大手芸能事務所から独立。本紙取材に、元マネジャーが在籍する芸能事務所は「相手方がいることなので現段階で具体的なコメントは差し控えさせていただく」としている。

 江角は9日にブログを更新し、「週刊誌でこの件を初めて知った」とした上で「長嶋様には心から申し訳なく思っております」と謝罪。さらに「元マネジャーからこのような事態を起こして迷惑をかけたと謝罪の連絡がありました」とし、元マネジャーの“単独行動”と釈明。元マネジャーが心療内科で治療中であることも明かしていた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。