江角マキコ、参考人で事情聴取へ 元マネ「自分が勝手にやった」 落書き騒動

2014.09.12


江角マキコ【拡大】

 女優、江角マキコ(47)が、元マネジャーの男性に、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂氏(48)宅に落書きさせたと報じられた問題で、警視庁が近く江角本人から事情聴取する方針であることが12日分かった。刑事事件に発展した落書き騒動の捜査は、ついに江角本人に伸びることになった。

 また11日放送のフジテレビ系「スーパーニュース」は、元マネジャーが聴取に対し、落書きしたことを認めた上で「江角さんがかわいそうで、自分が勝手にやった」と供述したと報じた。

 一茂氏側は東京都内の自宅に落書きされた2012年12月末、所轄署に被害届を提出、同署は被疑者不詳のまま受理していた。捜査関係者によると、一茂氏宅の防犯カメラには不審人物が映っていたが、特定には至っていないという。

 同署は、一茂氏側が被害届を取り下げない限り、経緯を明らかにするため江角本人から事情聴取する意向。元マネジャーは器物損壊容疑で書類送検される可能性が高いという。

 江角は9日付ブログで騒動について謝罪したが自身の関与は否定。江角が今年3月まで所属し、元マネジャーが在籍する芸能事務所は、一連の報道について、「相手がいることなので、現段階での具体的なコメントは差し控えさせていただきます」としている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。