江角マキコ長男長女がインター校へ転校か 保護者は戦々恐々 (1/2ページ)

2014.10.01

 ママ同士の衝突なら単なる騒ぎで済むが、それが子供の人生まで変えてしまえば悲劇というしかない。

 2か月前、江角マキコ(47)の「ママ友いじめ」告白に端を発した騒動は、江角の元マネージャーが「(ママ友派閥で対立する)長嶋一茂の妻への嫌がらせのために、長嶋邸に“バカ息子”“アホ”などと落書きした」と告白したことで、このマネージャーが警察に事情聴取される事件に発展。9月9日には江角がブログで謝罪する事態になった。

 江角の長女と同じ名門私立小学校に子供を通わせる保護者が心配そうに話す。

 「2学期が始まってから、江角さんのお嬢さんは学校に来ておらず、近く転校するという話も聞きました。子供同士には何のトラブルもないのに、今回の件で登校できなくなったとすればかわいそうな話です」

 しかもこの問題が幼稚園に通う長男にも波及するというのだからただ事ではない。長男は2年前、長女の小学校の系列幼稚園を受験したが入学しなかった。前出の保護者が続ける。

 「お姉さんが通っているので、試験で不合格になる可能性は低いはずなのに不思議だと感じてはいました。江角さんを嫌った対立ママ友グループが学校に、“長男を入学させるな”と働きかけたという、いくらなんでも真実味のないも流れました」

 長男は別の幼稚園に通っているが、今回の騒動を受けて長女と一緒に転園するという。幼稚園の関係者がこう語る。

NEWSポストセブン

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。