中韓にはそろそろ言うべきことを言った方がいい 黒鉄ヒロシさん  (1/3ページ)

2014.10.05

連載:ブック


黒鉄ヒロシさん【拡大】

★黒鉄ヒロシさん『韓中衰栄と武士道』(角川学芸出版1500円+税)

 ウソ八百を並べたてて“日本の悪口”を世界中に言い触らし、領土をかすめ取ろうとする、厄介極まりない「2つの隣国」。かの民族の摩訶(まか)不思議なアタマの中を“猛毒とユーモア”で斬りまくる。本紙連載「黒色鉄筆」を大幅に加筆修正した。 (文・大谷順 写真・大橋純人) 

 ──法理を無視した中韓による日本へのイヤガラセはエスカレートするばかりですね

 「『阿呆(あほう)に法なし』というか、中国なんか、法や条約などを『屁』とも思っていない。『法』よりも『力』が上なんですね。こんな相手には『話しても分からん、教えようとしても無理』。福沢諭吉が明治期に『脱亜入欧』を説いたのは、まさしくそれなんですよ。その“おかしさ”が最近はさらに激しくなって、もうメチャクチャ。諭吉がすでに『証明したこと』を繰り返すテはありません」

 ──例えば、韓国の裁判所は、1965年の日韓基本条約で「解決済み」の賠償問題を個人には認める“おかしな判決”を出した

 「欧米の植民地政策は、搾取できるだけ搾取して原住民は無視。つまり“愚民政策”ですよ。それに比べて日本は朝鮮に物心両面で、ものすごい支援をした。とてもじゃないが“植民地支配”などというものではなかったんです。それなのに今ごろになって『解決済み』の問題を持ち出して、(韓国の裁判所が)『個人補償は別だ』なんて、もはや三権分立ならぬ“三権分裂”ですな」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。